東芝、15.6型ワイド液晶のスタンダードノート「dynabook EX」

 

東芝は13日、15.6型ワイド液晶を搭載したスタンダードノート「dynabook EX」を発表した。発売日は10月22日で、店頭予想価格は140,000円台半ば。

dynabook EX

主な仕様としては、CPUがIntel Core 2 Duo P8700(2.53GHz)でチップセットがMobile Intel GM45 Express。メモリが4GBでHDDが320GB、光学ドライブはDVDスーパーマルチ。15.6型ワイド液晶の解像度は1,366×768ドット。OSはWindows 7 Home Premium。

その他の機能としては、USB2.0×3(うち1基はeSATA共用)、D-Sub15ピン、HDMI出力、ブリッジメディアスロット、IEEE802.11b/g/n無線LAN、10/100BASE-TX有線LANなどを装備する。

このほか、PowerPointをプリインストールした上位モデル(店頭予想価格150,000円前後)と、CPUをIntel Celeron 900にした下位モデルをラインナップする。

カラーバリエーションは、上位モデルがプレシャスブラックのみ、通常モデルと下位モデルがプレシャスブラックとリュクスホワイトの2色展開となる。

サイズは約W383.0×D259.0×H35.5~39.3mmで、重量は約2.8kg。バッテリ駆動時間は約Core 2モデルが約1.5時間、Celeronモデルが約1.2時間。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

テリー伊藤、高畑淳子への影響を心配「バカ息子と一緒…共倒れの可能性が」
[11:06 8/28] エンタメ
松本人志、高畑裕太容疑者の母・淳子に苦言「息子にしっかりと怒りを」
[11:01 8/28] エンタメ
ラブリ「まだまだ恋愛をしたいです」初の写真詩集を出版
[11:00 8/28] エンタメ
Linuxが最初にリリースされた時のアナウンスメールからわかること
[11:00 8/28] 企業IT
自腹で買ったカバン、今までの最高額は何円?
[11:00 8/28] マネー