東芝、15.6型ワイド液晶のスタンダードノート「dynabook EX」

ニュース
トップ

東芝、15.6型ワイド液晶のスタンダードノート「dynabook EX」

  [2009/10/13]

東芝は13日、15.6型ワイド液晶を搭載したスタンダードノート「dynabook EX」を発表した。発売日は10月22日で、店頭予想価格は140,000円台半ば。

dynabook EX

主な仕様としては、CPUがIntel Core 2 Duo P8700(2.53GHz)でチップセットがMobile Intel GM45 Express。メモリが4GBでHDDが320GB、光学ドライブはDVDスーパーマルチ。15.6型ワイド液晶の解像度は1,366×768ドット。OSはWindows 7 Home Premium。

その他の機能としては、USB2.0×3(うち1基はeSATA共用)、D-Sub15ピン、HDMI出力、ブリッジメディアスロット、IEEE802.11b/g/n無線LAN、10/100BASE-TX有線LANなどを装備する。

このほか、PowerPointをプリインストールした上位モデル(店頭予想価格150,000円前後)と、CPUをIntel Celeron 900にした下位モデルをラインナップする。

カラーバリエーションは、上位モデルがプレシャスブラックのみ、通常モデルと下位モデルがプレシャスブラックとリュクスホワイトの2色展開となる。

サイズは約W383.0×D259.0×H35.5~39.3mmで、重量は約2.8kg。バッテリ駆動時間は約Core 2モデルが約1.5時間、Celeronモデルが約1.2時間。

関連したタグ

関連サイト

新着記事

特別企画

一覧

    人気記事

    一覧

    新着記事

    KDDI、Androidスマホのプライバシー保護機能を強化 - 秋モデルから
    [07:46 10/21] エンタープライズ
    【インタビュー】「デジタル広告はパブリッシャーにとって考え方の転換が必要」- Rubicon Project ジェイ・スティーブンス氏
    [07:30 10/21] エンタープライズ
    プジョー「RCZ RED CARBON」カーボンルーフをエクステリアに採用した限定車
    [07:30 10/21] ライフ
    5分でチェック!先週のソーシャルメディア関連ニュースをまとめ読み【2014.10.14~10.17】
    [07:30 10/21] エンタープライズ
    【連載】世界最大級の半導体産業イベント「SEMICON Japan 2014」 第1回 日本半導体業界の未来がここにある「SEMICON Japan 2014」
    [07:30 10/21] テクノロジー

    特別企画

    一覧