ソニー、ハイビジョンAVノート「VAIO F」がスペックアップ

 

VAIO F

ソニーは8日、16.4型ワイド液晶を搭載したノートPC「VAIO F」の2009年秋モデルを発表した。HDD容量がアップしたほか、グラフィックスがグレードアップしている。10月22日発売予定で、Blu-ray Discを搭載する上位モデルは約190,000円となる。

2009年秋モデルのVAIO Fは、光学ドライブの違いにより2モデルラインナップする。上位モデルはBlu-ray Discドライブで、下位モデルはDVDスーパーマルチドライブとなる。

その他の仕様は共通で、CPUはIntel Core 2 Duo P8700(2.53GHz)でチップセットはMobile Intel PM45 Express。メモリは4GBでHDDは500GB。グラフィックスはATI Radeon HD 4570を採用する。OSは64bit版Windows 7 Home Premium。

そのほかの機能としては、USB2.0×3、D-Sub15ピン、HDMI出力、i.Link、Bluetooth、IEEE802.11a/b/g/n無線LAN、10/100/1000BASE-T有線LAN、メモリースティックスロットSDメモリーカードスロット、ExpressCard/34スロット、131万画素Webカメラなどを装備する。

サイズは約W384×D261×H29~42mmで、重量は約3.2kg。バッテリ駆動時間は約3時間となる。

VAIO・OWNER・MADEモデル

ソニーが運営する直販サイト「ソニースタイル」では、各種スペックをカスタマイズしたモデルを購入することができる。

カスタマイズできる項目としては、CPUではIntel Core 2 Duo T9900(3.06GHz)/T9600(2.80GHz)/P8800(2.66GHz)/P8700(2.53GHz)から、メモリでは8GB/6GB/4GB/2GBなどをラインナップしている。そのほか、1,930×1,080ドットのフルHD液晶や光学ドライブ、OSなどを選択することができる。

また、VAIO・OWNER・MADE限定カラーとして、チタングレーとブラウンを用意している。

チタングレー

ブラウン


関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

性能強化とデザイン刷新、東芝のホームノートPC最上位機「dynabook T85/A」はどこか変わった?
[12:06 9/25] パソコン
池松壮亮×斎藤工『無伴奏』キス直前のメイキング公開「チューされるんだ」
[12:00 9/25] エンタメ
Facebookアカウントを永久に消し去る方法
[12:00 9/25] 企業IT
[松本人志]SMAPへの紅白公開オファーに「なんか利用してる」
[11:51 9/25] エンタメ
松本人志、がん闘病ブログの小林麻央を称賛「偉人に近い」
[11:51 9/25] エンタメ