アニメ映画『サマーウォーズ』、公開41日間で劇場動員100万人を突破

2006年に国内外23の映画賞を受賞し、高い評価を得た『時をかける少女』の細田守監督が手がけた最新作『サマーウォーズ』。8月1日より全国127館で公開されて以来、9月10日(木)までの41日間で劇場動員100万人を突破した。

『サマーウォーズ』は全国大ヒット上映中

東京洋画系ロードショー劇場のなかで、『サマーウォーズ』を上映した池袋HUMAXシネマ2が、2009年8月のスクリーン単位での興行成績でナンバーワンを記録するなど、オリジナルアニメーション映画としては異例の好記録となっている。

劇場によってはいまだ満員となる回も出るほか、公開1カ月経過後に興行収入ランキングが再上昇するなど好調に推移しており、まだまだ興行成績の積み上げは続いている。また、国内に限らず評価を集める『サマーウォーズ』は、シッチェス・カタロニア国際映画祭'09への招待出品も決定。そのほか、ヨーロッパ・南米やアジアなどの映画祭・アニメ賞からのオファーが殺到するなど、今後の賞レースへの期待も大きくなっているという。

(C)2009 SUMMERWARS FILM PARTNERS

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事