丸善、世界初の活版印刷聖書「グーテンベルク42行聖書」の展示会を開催

丸善は、創業140周年記念催事として丸善・日本橋店3階ギャラリーにおいて「グーテンベルク42行聖書展」を9月2日から開催すると発表した。会期は9月8日までの7日間で、時間は9:30から20:30(最終日は15:00まで)、入場料は無料。

同展示会では、15世紀にグーテンベルグによって発明された活版印刷による世界初の印刷聖書「グーテンベルク42行聖書」(慶応義塾図書館蔵書)の展示のほか、同聖書のレプリカが用意され、実際に触って体感できるとのこと。また、大日本印刷の技術によって、同聖書の1ページの成り立ちをマルチメディアで見ることができるという。

「グーテンベルク42行聖書」

ほかにも、写本時代からグーテンベルグの活版印刷術に至るまでの書物の変貌や、現在より少し前の「活字の時代」までの変遷といった、文字による知の蓄積・伝達の変遷を辿る展示を予定。同社では、書籍の電子化への取組みが注目を集める中、あらためて活字・文字にまつわる情報文化の歴史を振り返る有意義な企画になったとしている。

「グーテンベルク42行聖書展」概要

期間 9月2日~9月8日
時間 9:30~20:30(最終日は15:00まで)
会場 丸善・日本橋店3階ギャラリー(東京・日本橋)


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事