米ソニー、3Gのワイヤレス通信機能搭載の電子書籍リーダーを発表

 

米ソニーは現地時間25日、同社で初めてとなる3Gのワイヤレス通信接続機能を備えた電子書籍リーダーの新製品「Reader Daily Edition」を発表した。

Daily Editionは、既に仕様を発表済みのTouch Editionの基本性能に加え、ポートレート、ランドスケープモードに対応した7インチのタッチスクリーンを搭載し、3Gワイヤレス通信接続にも対応した。これにより、ソニーのオンラインブックストアなどにアクセスすることが可能になる。ワイヤレス通信サービスはAT&Tが提供し、基本料金・年間契約は不要。

Reader Daily Edition

また、ユーザーは地元の公共図書館が電子書籍の貸し出しサービスに対応していれば、同製品で書籍をダウンロードし閲覧することが可能になるという。貸し出し期限が過ぎれば、データの閲覧ができなくなる仕組み。付属の「eBook Library」ソフトウェアはVer.3.0がリリースされ、Macにも対応した。

Daily Editionの価格は399ドル、発売は12月を予定している。なお、8月5日に発表済みの「Reader Pocket Edition」(199ドル)、「Reader Touch Edition」(299ドル)については直ちに販売を開始するという。

人気記事

一覧

新着記事

沢村一樹&瀬戸康史バディ再び! 『刑事 犬養隼人』第2弾放送決定
[05:00 8/26] エンタメ
長谷部誠、黒柳徹子の筋肉チェックで心整わず! 『徹子の部屋』初出演
[05:00 8/26] エンタメ
Apple「iOS 9.3.5」リリース、ゼロデー攻撃の可能性がある問題を修正
[04:08 8/26] スマホとデジタル家電
[大野拓朗]朝ドラ俳優が三宅宏実選手にバックハグ
[04:00 8/26] エンタメ
TVアニメ『ダンガンロンパ3』、Blu-ray BOX&DVDのジャケットイメージ公開
[00:00 8/26] ホビー