米ソニー、3Gのワイヤレス通信機能搭載の電子書籍リーダーを発表

 

米ソニーは現地時間25日、同社で初めてとなる3Gのワイヤレス通信接続機能を備えた電子書籍リーダーの新製品「Reader Daily Edition」を発表した。

Daily Editionは、既に仕様を発表済みのTouch Editionの基本性能に加え、ポートレート、ランドスケープモードに対応した7インチのタッチスクリーンを搭載し、3Gワイヤレス通信接続にも対応した。これにより、ソニーのオンラインブックストアなどにアクセスすることが可能になる。ワイヤレス通信サービスはAT&Tが提供し、基本料金・年間契約は不要。

Reader Daily Edition

また、ユーザーは地元の公共図書館が電子書籍の貸し出しサービスに対応していれば、同製品で書籍をダウンロードし閲覧することが可能になるという。貸し出し期限が過ぎれば、データの閲覧ができなくなる仕組み。付属の「eBook Library」ソフトウェアはVer.3.0がリリースされ、Macにも対応した。

Daily Editionの価格は399ドル、発売は12月を予定している。なお、8月5日に発表済みの「Reader Pocket Edition」(199ドル)、「Reader Touch Edition」(299ドル)については直ちに販売を開始するという。

人気記事

一覧

新着記事

[LoVendoЯ]ギター担当の魚住有希が9月卒業を発表 今後はギタリストとして海外での勉強も視野
[23:51 7/23] エンタメ
高田桂「あねコン」1巻、狐に憑かれた義姉とのラブストーリー
[22:41 7/23] ホビー
あの日あの時あのコンピュータ 第13回 「8ビット御三家」最終形への夜明け前(その2) - NEC「PC-8001」
[21:04 7/23] パソコン
『おそ松さん』よりひょこっとラバーストラップの第2弾が登場
[20:00 7/23] ホビー
みなさんメガネ男子は好きですか?『おそ松さん』が一番くじでメガネ姿を披露
[20:00 7/23] ホビー