Webアプリ版Office提供へ着々? - 米MSが「office.com」ドメイン取得

米Microsoftが「office.com」のドメインを取得したことが話題になっている。8月6日(米国時間)になり複数のメディアが報じている。同ドメインの旧所有者はすでにサイトの移転を開始しており、以後このドメインはMicrosoftが間もなく提供を予定しているとされるWebアプリケーション版Officeサービスに流用されるのではないかとみられる。

現在office.comにアクセスすると、次のメッセージが表示される。

*  *  *

Dear Office.com Users,

As you know from the recent email we sent you, we will be transitioning the operation of your Virtual Office account to ContactOffice.com during the next 30 days.

As part of this transition, on Monday, June 29, 2009, we changed email addresses in the office.com domain to ones in the contactoffice.com domain.

To access your existing account, you will now need to log in at http://office.contactoffice.com

*  *  *

旧所有者は「ContactOffice.com」というサイトへと移動を済ませており、サービス利用差への告知を行っている段階だ。では、ドメインの新オーナーが誰かをWHOISで検索してみると、

Registrant:
        Domain Administrator
        Microsoft Corporation
        One Microsoft Way 
         Redmond WA 98052
        US
        domains@microsoft.com +1.4258828080 Fax: +1.4259367329

となる。Regstrantとはドメイン所有者のことだ。ドメイン取得までの経緯は不明だが、おそらく前所有者に対して金銭支払いなどを経てドメインを購入したと考えられる。

今後はこのドメインを活用して、おそらくはOffice 2010で提供が予定されている「広告表示で無料」または「有料サブスクリプション」のWebアプリケーション版Officeのプロモーションを行うのではないかと考えられる。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事