KDDI、ハンディターミナルとして利用できる法人向け端末「E06SH」を発売

 

「E06SH」(シャープ製)

KDDI、沖縄セルラーは6日より、法人向け携帯電話の新製品「E06SH」(シャープ製)を発売すると発表した。

E06SHは、顧客のニーズに応じてカスタマイズできる法人向けのストレート端末。CMOSスキャンエンジンを搭載しており、バーコード、二次元コードの読み取り機能などが利用できる点が特徴。BREWアプリケーションとの組合せにより、運輸業における伝票の読み込み、流通業における検品・棚卸、医療関連における医薬品管理などの使い方が可能で、ハンディターミナルとして多様な業務で利用できる。

機能面では、指紋認証、管理制限、防水機能など安心・安全面に配慮した機能のほか、GPS、Bluetooth、赤外線通信、緊急地震速報、名刺リーダーなどに対応する。法人サービスとしては、KDDI Business Outlook、ビジネス便利パック(管理者制限機能・送受信メール/発着信履歴削除対応)、GPS MAP(管理者制限機能・送受信メール/発着信履歴削除対応)、ケータイオフィス、ドキュメントビューアー、scanR、Business EZが利用できる。

E06SHの契約申し込みは、KDDI営業担当者または、KDDIモバイルソリューションサポートセンターにて受け付ける。なお契約の際に、KDDI携帯電話購入の申込書に加えて、E06SHの使用が業務用途であることを証明する「端末所有者証明書」を提出する必要がある。

なお同社では、SDIO拡張スロットに構内PHSカードや無線LANカードに対応した同型のストレート端末「E05SH」も発売している。E05SHは、企業内では構内PHS・無線LANの内線、社外ではau携帯の内線として利用できる。

サイズ 約48(W)×138(H)×21(D)mm(最厚部約37mm)
重量(電池装着時) 約160g
連続通話/待受時間 約480分/約530時間(国内モード利用時)
メインディスプレイ 約2.6インチワイドQVGA(240×400ドット)New モバイルASV液晶
サブディスプレイ
カメラ 有効画素数203万画素/オートフォーカス
外部メモリ microSDカード
カラー シルバー
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ワイヤレスキーボードから入力内容を窃取、75m先からも可能
[09:53 7/28] 企業IT
ジョージ・ハリスンの未発表曲がリリースへ
[09:48 7/28] エンタメ
Windowsの日本語IMEで知っておきたい便利な機能
[09:44 7/28] 企業IT
トム・ヒドルストン、今年の美尻1位に! ドラマでのラブシーンが決め手
[09:30 7/28] エンタメ
「事後」のセキュリティに着目せよ! - ガートナー セキュリティサミット
[09:30 7/28] 企業IT