屋外でも視認性十分! 日本サムスン、超高輝度デジタルサイネージを発表

ニュース
トップ

屋外でも視認性十分! 日本サムスン、超高輝度デジタルサイネージを発表

  [2009/07/31]

日本サムスンは7月30日、デジタルサイネージの新製品「窓際デジタルサイネージ・システム」を同日より発売することを発表した。

窓際デジタルサイネージ・システムの特長は、1500カンデラの超高輝度液晶パネルを搭載した点。太陽光下での視認性が高く、窓際や屋外での設置に適している。

屋外での展示デモ。左が1500カンデラ液晶パネル搭載の窓際デジタルサイネージ・システム。右は500カンデラ液晶パネルの一般的なディスプレイで画面はほとんど見えない

日本サムスン DMC事業部 DMAチーム チーム長 宮田隆氏

日本サムスン DMC事業部 DMAチーム チーム長の宮田隆氏は、従来の液晶ディスプレイの屋外設置について、「太陽光下では画面が暗くて見えない」、「太陽光の照射を受けて温度が上昇すると、液晶画面が一時的に黒くなり、表示できなくなる」といった問題があったと説明。そうした問題を解消すべく開発された窓際デジタルサイネージ・システムでは、従来比約3倍の1500カンデラ液晶パネルを採用したうえ、液晶を太陽光の照射から保護する空調システムを搭載しているという。

超高輝度パネル開発のポイント

太陽光の照射から液晶を保護する空調システムの概要

窓際デジタルサイネージ・システムは、縦型と横型の2種類が発売される。いずれも液晶パネルのサイズは46型で、Windowsコントローラを内蔵しているほか、10Wスピーカー×2を搭載。サムスンが独自に開発したデジタルサイネージ・コンテンツ作成/表示制御ソフトウェア「MagicInfo Pro」も付属されている。

MagicInfo Proのデモ。コンテンツ作成機能に関しては、自由なサイズで画面分割できるうえ、画像編集ソフトのような感覚で操作できる

コンテンツ表示制御を行う画面。直感的なUIでスケジューリングを行える

参考価格は60万円。同社販売パートナーを通じて販売され、年間販売目標3000台を掲げている。

また、今秋を目処に、空調機器内蔵の防水防塵筐体に窓際デジタルサイネージ・システムを収納した「屋外設置ソリューションリファレンスデザインモデル」も提供される予定。

すでに欧州で販売されている屋外設置ソリューションリファレンスデザインモデル

屋外設置ソリューションリファレンスデザインモデルの裏側

関連したタグ
    

    マイナビニュースのセミナー情報

    オススメ記事

    マイナビニュースの集合特集

    関連記事

    関連サイト

    新着記事

    転職ノウハウ

    あなたの仕事適性診断
    あなたの仕事適性診断

    4つの診断で、自分の適性を見つめなおそう!

    Heroes File ~挑戦者たち~
    Heroes File ~挑戦者たち~

    働くこと・挑戦し続けることへの思いを綴ったインタビュー

    はじめての転職診断
    はじめての転職診断

    あなたにピッタリのアドバイスを読むことができます。

    転職Q&A
    転職Q&A

    転職に必要な情報が収集できます

    ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア
    ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア

    入室しようとしたら、マサカリ投げられちゃいました!?

    特別企画

    一覧

      人気記事

      一覧

      イチオシ記事

      新着記事

      特別企画

      一覧

        求人情報