アップル「Time Capsule」2TBモデル発売、HDD容量倍増で価格据え置き

 

アップルは7月31日、HDDを内蔵した有線/無線LANベースステーション「Time Capsule」の2TBモデルを発売した。価格は、これまでの1TBモデルと同じ50,800円。また1TBモデルが30,800円に値下げされ、500GBモデルが販売終了となった。

Time Capsuleは、802.11a/b/g/nをサポートするAirMac Extremeベースステーションと、シリアルATA HDDを用いた大容量ストレージが1つにパッケージされている。ストレージはMac OS X Leopardのバックアップ機能Time Machineとシームレスに連係する。またMac/ Windowsからアクセスできるファイルサーバーとしても使用可能だ。

本体は、ギガビットLANポート×3、ギガビットイーサネットWANポート×1、プリンタまたは外付けハードドライブ接続用のUSBポート×1を備える。サイズは197×197×36.3ミリ(幅×奥行き×高さ)、重さは1.6キロだ。

人気記事

一覧

新着記事

さらばGWX、ようやく削除された「Windows 10を入手する」 - 阿久津良和のWindows Weekly Report
[09:00 9/29] パソコン
新しいデザイン言語でリニューアル - デル、14型/15.6型ノートPC「New Vostro」発表会から
[08:50 9/29] パソコン
ドスパラ、NUC規格準拠のクリエイター向け小型PCにSkylake搭載モデル
[08:34 9/29] パソコン
ビル・ゲイツ氏へ生Skypeのハプニングも! MSの働き方変革が生んだもの - ワークスタイル変革DAY
[08:30 9/29] 企業IT
Facebookが女性支援イベントで教えた「Facebookページ運用」の問題点
[08:00 9/29] 企業IT