アップル「Time Capsule」2TBモデル発売、HDD容量倍増で価格据え置き

 

アップルは7月31日、HDDを内蔵した有線/無線LANベースステーション「Time Capsule」の2TBモデルを発売した。価格は、これまでの1TBモデルと同じ50,800円。また1TBモデルが30,800円に値下げされ、500GBモデルが販売終了となった。

Time Capsuleは、802.11a/b/g/nをサポートするAirMac Extremeベースステーションと、シリアルATA HDDを用いた大容量ストレージが1つにパッケージされている。ストレージはMac OS X Leopardのバックアップ機能Time Machineとシームレスに連係する。またMac/ Windowsからアクセスできるファイルサーバーとしても使用可能だ。

本体は、ギガビットLANポート×3、ギガビットイーサネットWANポート×1、プリンタまたは外付けハードドライブ接続用のUSBポート×1を備える。サイズは197×197×36.3ミリ(幅×奥行き×高さ)、重さは1.6キロだ。

人気記事

一覧

新着記事

プリンストン、4K/2K出力対応の折りたたみ式ドキュメントカメラ
[13:19 7/25] パソコン
なぜディープラーニングにはHPCが必要なのか - ISC 2016
[13:16 7/25] テクノロジー
.OFFなど8つの新gTLD登場
[13:09 7/25] 企業IT
ネットワン、感染端末の検知や推奨セキュリティ対策を提案するサービス
[13:09 7/25] 企業IT
Apple MusicのBeats 1で東京から番組をオンエア - DJ・Ebro Dardenが来日
[12:57 7/25] パソコン