米Atmel、宇宙向けに対放射線強化したSPARC V8プロセッサを発表

 

米Atmelは、宇宙向けに対放射線強化を施したSPARCプロセッサとして、「AT697」の「Revision F(AT697F)」を発表した。AT697Fは全温度レンジで100MHz動作し、90MIPSの処理性能を0.7Wの消費電力で実現する。

AT697Fは以下の環境での動作が保障されている。

  • 合計300Kラドの被爆テスト
  • 一過性のエラーに対する抗堪性(最悪ケースでも5~10エラー/デバイス/日以下)
  • 95MeV・平方cm/mg、125℃の環境でエラーが発生しない

AT697FはESA(European Space Agency)のLEON2-FT(Fault Tolerant)モデルをベースとしたデザインで、対放射線強化と三重のモジュール冗長性、EDAC(Error Detection and Correction)とパリティによる保護が施されている。ESAがこの製品設計をサポートしている。

また、Dhrystone 2.1で90MIPS、Whetstoneで23MFLOPSの性能を実現しており、性能/消費電力比は150MIPS/Wと、この種のプロセッサとしてはかなり良い数値となっている。また従来Atmelが提供してきたSPARCプロセッサとのソフトウェア互換性も維持されている。加えて、90MHzで動作するSDRAMインタフェースの効率も改善された。

AT697FはMCGA394とMQFP256の2つのパッケージで提供されるが、どちらのピン配置も既存モデルである「AT697E」と互換である。すでに全モデルのサンプル出荷が開始されており、量産は2009年12月を予定している。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ICONIQ改め伊藤ゆみ、グラビア初挑戦! 大胆ヌードで美ボディ披露
[16:08 8/29] エンタメ
島津製作所、乳がんの転移診断を支援する近赤外光カメラシステムを発売
[16:00 8/29] テクノロジー
東大、リチウムイオン電池の電解液として機能する「常温溶融水和物」を発見
[15:46 8/29] テクノロジー
現在の収入に「満足」48.1% - 資産・貯蓄に「不満」は過半数
[15:43 8/29] マネー
三井住友銀行をかたるフィッシングメールに注意 - JPCERT/CC
[15:43 8/29] 企業IT