「Final Cut Studio」が進化、Final Cut ProやMotionが新バージョンに

 

アップルは7月23日、プロ向けの映像制作用ソフトウエア・スイート「Final Cut Studio」のアップデートを発表した。100以上の新機能を搭載。「Final Cut Pro」、「Motion」、「Soundtrack Pro」、「Color」、「Compressor」などがバージョンアップした。価格は108,800円。旧リリースより39,200円も安い。Final Cut Studio、Final Cut Proの旧バージョンからのアップグレードは31,800円。すでにApple Storeなどで販売開始されている。

Final Cut Pro 7は、ProResコーデックにProRes 422(Proxy)、ProRes 422(LT)、ProRes 4444が追加され、より幅広い作業シナリオに対応する。共有機能が強化されており、例えばデバイス(iPod、iPhone、Apple TV、DVDなど)やサービス(MobileMe、YouTubeなど)への書き出しは、共有ウインドウでフォーマットを指定するだけ。エンコーディングなどはバックグラウンドで処理されるため、その間に他の作業を継続できる。またiChatシアターを通じてFinal Cutのタイムラインやソースクリップの共有が可能になった。相手がFinal Cut Proを持っていなくてもリアルタイムで共同作業を行える。他にも新しい速度変更ツールやアルファトランジションなど、数多くの改良が加えられている。

Final Cut Pro

Motion 4では、オブジェクトやライトの動きに合わせたダイナミックな3Dシャドウや自然に変化する反射などを使って、これまでよりも効率的に3Dコンポジションの質を高められる。また焦点深度の前端と後端および焦点位置を明らかにするインターフェイスによって、3D空間内で特定のオブジェクトを強調したり、逆に目立たないように設定できる。

Motion

Soundtrack Pro 3では、プロジェクト全体の音声レベルをリフトツールとスタンプツールを使って容易に調整できる。Appleが設計した3種類のアルゴリズムや他社製のプラグインを利用した高精度なオーディオの伸張・圧縮が可能。またノイズリダクションと破損部分の修復機能が強化された。

Color 1.5は、Final Cut Proとよりシームレスに連係する。新たに4Kファイルに対応。AVC-Intra、XDCAM 422、ProRes 4444などの高画質フォーマットのサポートが追加された。

Compressor 3.5には、エンドツーエンドのエンコード処理ワークフローを自動化するバッチ処理テンプレートが導入された。ドロップレットを使って、デスクトップで使えるスタンドアロン型のCompressorプリセットを作成可能。またQuickTimeファイルを設定パネルにドラッグすると、ComressorがQuickTimeの設定を検知し、特性が一致するプリセットを自動的に作成してくれる。

人気記事

一覧

新着記事

米国発3DCGアニメ『RWBY VOLUME2』、初日舞台挨拶に早見・日笠・嶋村が登壇
[03:04 10/2] ホビー
『ろんぐらいだぁす!』、先行試写会開催! キャストが語る注目ポイントは?
[02:47 10/2] ホビー
花澤香菜、ハロウィンスペシャルライブ開催! 新曲「ざらざら」初披露
[02:21 10/2] ホビー
声優・小倉唯、7thシングル「Future Strike」よりMUSIC VIDEOの一部を公開
[01:00 10/2] ホビー
ネコ好きは横浜に集まれ!横浜を愛したネコ好き文豪スポット
[00:21 10/2] 趣味