DeNAが『モバゲータウン』健全性維持の取組みを強化、簡易年齢認証を導入

ディー・エヌ・エー(DeNA)は22日、ケータイ総合ポータルサイト『モバゲータウン』において、サイトの健全性維持と青少年の健全育成に向けた取組みを強化すると発表した。

DeNAではこれまでも、ユーザーが「モバゲータウン」を安心・安全に利用できるよう、「サイトパトロール体制の構築」「システムによるルール違反のチェック」「サイト内外での啓発活動の推進」「ユーザーからの通報機能の活用」など、サイト規模の成長に合わせて対策を強化してきた。

「モバゲータウン」のサイトパトロール体制

同社では今回、サイトの健全性維持と青少年の健全育成に向けた取組みを強化。具体的には、携帯電話事業者のフィルタリングサービス対象ユーザーをシステム的に検知し、モバゲータウン内で18歳以上の登録をしている場合は、ミニメール、友達検索の利用を制限する「簡易年齢認証」を8月20日から実施する(※)。

※ 「フィルタリングサービスを受けていて、かつモバゲータウン上にて18歳以上で年齢登録しているユーザは18歳未満である可能性がある」(DeNA)。

DeNAでは、「簡易年齢認証と従来から実施しているミニメール利用の年齢制限とを組み合わせることにより、年齢確認の確実性を高める」としている。

8月10日からは、ミニメールの利用に伴う特定のルール違反を確認した場合、当該送受信者間でのコミュニケーション機能を一律で制限する「特定ユーザー間利用制限」を実施。また、7月上旬からはすでに、特定サークルカテゴリの目視チェックを強化している。

人気記事

一覧

新着記事