「Firefox 3.0.12」リリース、3.0.xのサポートは2010年1月まで

 

Mozilla Foundationは7月21日(現地時間)、Webブラウザ「Firefox 3.0」の最新アップデートをリリースした。バージョン番号は3.0.12で、全ての対応OS (Windows、Mac、Linux)で自動更新を通じてアップデートできる。

バージョン3.0.12では、重要度が"最高"とされている5つのセキュリティ問題が修正された。またWindows XP上でJavaプラグインにアクセスするとフリーズする、Mac OS Xで特定のAppleScriptとのデータのやり取りに失敗するなどの問題を解決、動作の安定性が向上する。

なおFirefoxの最新系列はJavaScriptエンジンやプライベートブラウジング機能が強化されたFirefox 3.5.x (7月21日時点の最新版はv3.5.1)だ。MozillaはFirefoxユーザーに対して同系列の利用を推奨しており、Firefox 3.0.xについてはセキュリティおよび安定性のアップデートを2010年1月に打ち切る計画を明らかにしている。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

進化するWi-Fi - 次世代の高速通信を支える802.11ac Wave2
[16:48 7/27] テクノロジー
富士通、米ネットワークサービス企業TrueNet Communicationsを買収
[16:42 7/27] 企業IT
男性の育休取得が過去最高 - 2.65%に
[16:39 7/27] キャリア
バッファロー、Macですぐに使えるUSB 3.0対応の超薄型ポータブルHDD
[16:37 7/27] パソコン
[聲の形]新規カット公開 入野自由、早見沙織がアフレコ苦労明かす
[16:23 7/27] ホビー