PFU、検疫ネットワーク「iNetSec」シリーズの機能強化を実施

ニュース
トップ

PFU、検疫ネットワーク「iNetSec」シリーズの機能強化を実施

  [2009/07/22]

「iNetSec Patrol Cube」

PFUは7月22日、PC検疫ソフトウェア「iNetSec Inspection Center」と不正PC検知・遮断アプライアンス「iNetSec Patrol Cube」の機能強化を行い、新たに「ARP 遮断検疫方式」をサポートした。出荷開始は7月31日を予定している。

「ARP 遮断検疫方式」は、Inspection CenterとPatrol Cubeが連携を行い、検疫を実現するもの。すでにPatrol Cubeを導入しているユーザーであれば、新たにスイッチを追加することなく、検疫ソフトウェアである「iNetSec Inspection Center」を導入するだけで、PC検疫を実現できる。

日本語版Windows検疫エラー画面

遮断、利用申請画面

1000クライアント、10ネットワークセグメントに導入した場合の価格は、ソフトウェア一式が430万円、不正PC検知・遮断アプライアンスが208万円(10セグメント)の合計638万円。サービス料が初年度148万円、2年目以降が169万円となっている。

運用管理画面(日本語版Windowsパッチ)

そのほか、Inspection Centerでは、大学でのニーズが高いMac OSに対応し、Mac OS X v10.4、v10.5をサポートしたほか、Patrol Cubeでは固定IPアドレス運用下における、IPアドレス変更通知機能をサポートした。

Mac OS検疫エラー画面

これにより、管理台帳と実際の利用との相違や、IPアドレスの重複などの問題を解決できるという。

関連したタグ


転職ノウハウ

あなたの仕事適性診断
あなたの仕事適性診断

4つの診断で、自分の適性を見つめなおそう!

Heroes File ~挑戦者たち~
Heroes File ~挑戦者たち~

働くこと・挑戦し続けることへの思いを綴ったインタビュー

はじめての転職診断
はじめての転職診断

あなたにピッタリのアドバイスを読むことができます。

転職Q&A
転職Q&A

転職に必要な情報が収集できます

ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア
ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア

入室しようとしたら、マサカリ投げられちゃいました!?

特別企画 [PR]

一覧

    人気記事

    一覧

    イチオシ記事

    新着記事

    パナ、レコードプレーヤー復活へ - 「テクニクス」で16年度にも
    [23:15 9/2] 共同通信
    シャルケに居場所ないボアテング、紆余曲折を経てまさかの残留決定
    [23:07 9/2] ライフ
    勝利を誓う先発濃厚の国内組3選手…山口蛍「勝ちに飢えている」
    [22:58 9/2] ライフ
    ベテランとしての自覚見せる丹羽「常にチームのことを考えている」
    [22:42 9/2] ライフ
    【レポート】日本マイクロソフトを余さず見せる「FEST2015」 - 1日目・基調講演
    [22:35 9/2] パソコン

    特別企画 [PR]

    一覧

      求人情報