LG Display、第8世代IFT-LCDラインの拡充を発表 - 2010年後半より稼働予定

 

韓国LG Displayは、同社の第8世代(2200mm×2500mm)TFT-LCD工場「P8E」に新規ラインを投入するために、3兆2,700億ウォンを投資することを発表した。

新規ラインでは主に55型、47型、32型の液晶テレビ向けパネルの生産が予定されており、量産は2010年後半からを予定しているが、市況に応じて、立ち上げスケジュールを調整するとしている。現在の計画では、2010年後半までに月産6万枚の生産体制を予定し、2011年中に月産12万枚まで引き上げるとしている。

なお、同社ではライン拡張に対し、投資効率とコスト競争力の強化に向けた取り組みを行っていくとしており、第8世代ラインの生産性は2倍以上になるものと予想している。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

マツダ、タイのパワートレイン工場に221億円投資 - 生産能力を増強
[18:01 8/30] テクノロジー
洋楽人気対決 - ブラックモアズ・レインボー 40歳以上限定
[18:00 8/30] エンタメ
佐々木希、連続殺人鬼として再登場 - 波瑠と横山裕は警戒してホテル生活へ
[18:00 8/30] エンタメ
理研と産総研、包括的連携に関する基本協定を締結 - 2050年の課題解決に挑む
[17:57 8/30] テクノロジー
デノンの新作イヤホン3機種を聴いてきた - 新たな最上位ヘッドホンやBluetoothイヤホンの参考展示も
[17:47 8/30] スマホとデジタル家電