日立ディスプレイズ、IPSパネルの生産体制を3型換算で月産500万台に引上げ

ニュース
トップ

日立ディスプレイズ、IPSパネルの生産体制を3型換算で月産500万台に引上げ

  [2009/07/17]

日立ディスプレイズは、小型IPS液晶パネルの需要増に対し、VGA対応パネルの生産能力増強を決定したことを発表した。

具体的には、VGA以上の解像度を実現できる低温poly-Si(LTPS)ラインの生産ラインの増強に加え、7月末までにa-Si TFTラインでVGAパネルの生産を開始しることで、2009年末までにVGA以上のLCDパネルを3型換算で月産160万台から500万台体制に引き上げる。

なお、a-Si TFTラインでの小型VGAパネルの量産は、従来、画素数の増加によるドライバICの対応やLCDパネル面での配線面積の確保の観点から困難であったが、製造工程の精度向上や多層配線などの技術の採用により、量産技術を確立したという。

関連したタグ


ITセミナー

一覧
  • Java高速開発ツールの最先端…APサーバの再起動が不要に! 年間約5週間以上の工数を削減
    インフォメーションディベロプメント 照井氏

  • 流通・小売で最先端の取り組みを行う3社のデータ活用事例、ノウハウをご紹介
    【Session】ファミリーマート 坂井氏

注目特集

特別企画

一覧

    人気記事

    一覧

    イチオシ記事

    新着記事

    ティーンはお酒に興味アリ? 二十歳になったら飲みたいお酒はこれ!
    [00:00 3/30] ライフ
    大事件や災害で、テレビ番組の自粛はするべき?
    [00:00 3/30] ライフ
    [ドリフターズ]人気マンガがアニメ化 英雄が異世界でバトル
    [00:00 3/30] ホビー
    酒井高徳、背番号24への変更理由を明かす「恩師がつけていた」
    [23:58 3/29] ライフ
    出会いの春に備えて読みたい恋愛記事 - 「4月から本気出す」ための準備編
    [23:52 3/29] 恋愛・結婚

    特別企画

    一覧