日立ディスプレイズ、IPSパネルの生産体制を3型換算で月産500万台に引上げ

 

日立ディスプレイズは、小型IPS液晶パネルの需要増に対し、VGA対応パネルの生産能力増強を決定したことを発表した。

具体的には、VGA以上の解像度を実現できる低温poly-Si(LTPS)ラインの生産ラインの増強に加え、7月末までにa-Si TFTラインでVGAパネルの生産を開始しることで、2009年末までにVGA以上のLCDパネルを3型換算で月産160万台から500万台体制に引き上げる。

なお、a-Si TFTラインでの小型VGAパネルの量産は、従来、画素数の増加によるドライバICの対応やLCDパネル面での配線面積の確保の観点から困難であったが、製造工程の精度向上や多層配線などの技術の採用により、量産技術を確立したという。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ナイナイ岡村、有吉&夏目アナの熱愛報道「怪しい」「何かしらあったと思う」
[08:45 8/26] エンタメ
キヤノン、EOS 5D Mark IVの発売記念キャンペーン「POWER OF FIVE」
[08:30 8/26] スマホとデジタル家電
【特別企画】IoTとモビリティがもたらす「つながる」世界はいかにして実現されるか - ハードウェア開発者必見のPCB Systems Forum 2016が、9月8日(木)より開催
[08:30 8/26] テクノロジー
日産「GT-R NISMO」2017年モデル発売 - 日産車で最大のダウンフォース実現
[08:23 8/26] ホビー
[吉田羊]日本版「コールドケース」のポスタービジュアル公開
[08:00 8/26] エンタメ