KDDI研、赤外線通信を用いてUSBのワイヤレス化を実現

 

KDDI研究所は、USBの高速赤外線通信技術を使ったワイヤレス化に成功したことを発表した。

今回、開発した技術ではUSB 2.0の電気信号を赤外線信号に変換し、高速赤外線通信によりワイヤレス化した。電気信号と赤外線信号の変換器にUSBの通信を模擬する機能を持たせることで、すでに市販されているモバイル機器やUSB周辺機器のハードウェアとソフトウェアには変更を加えずにワイヤレス化が可能となる。

また、USB通信の特長である「ホットスワップ」動作も可能であり、これによりユーザーは接続したいUSB周辺機器上の赤外線通信インタフェースとモバイル機器の赤外線通信インタフェースを向き合わせるだけで、USB周辺機器が利用できるようになり、USBケーブルを持ち歩く必要がなくなるほか、接続作業も不要となるため、携帯機器の利便性向上が可能となる。

具体的には、USB 2.0の通信は、送信データに対する返答が約1.5μs以内に戻ってこないといけない規定があるが、電気信号と赤外線信号の変換には一般的に1.5μs以上の時間が必要なため、単に電気信号を赤外線信号に変換するたけでは通信ができない。そのため、USB-赤外線変換装置に返答信号の発生装置(仮想USBデバイス/ホスト機能)を組み込み、変換装置に応答させることでUSBホストにとって、接続相手のUSBデバイスと通信を行っているように見せかけることで、応答時間の制限をクリアした。

今回の通信実験の機器構成

なお、今回開発したUSB-赤外線変換装置は外付けで、通信速度1Gbpsの高速赤外線通信モジュールを搭載しているが、将来的には機器に内蔵することが可能になるとしているほか、関連技術がIrDA(Infrared Data Association)のIrUSB SIG(Special Interest Group)において標準化作業が進められているという。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

管理職の半数以上が「同年代で活躍している人は3割以下」と回答
[06:30 9/1] シゴト
シュラスコ! サッカー! リオ五輪! ブラジルを丸ごと楽しむフェスタ開催
[06:30 9/1] 趣味
Motorola、「Moto Z Play」発表、Moto Modsに対応する普及帯モデル
[06:02 9/1] スマホとデジタル家電
コロチキのナダル、アメトーーク!で想像を絶する“ひんしゅく”エピソード
[06:00 9/1] エンタメ
秦の始皇帝、裏切り、迫害…過酷な少年時代が今明らかに
[06:00 9/1] エンタメ