日本HP、BI向け新コンサルティングサービスを発表

日本HP、BI向け新コンサルティングサービスを発表

  [2009/07/14]

日本HP HPソフトウェア・ソリューションズ統括本部 BIS事業本部 事業本部長 山口太

日本ヒューレット・パッカードは7月14日、従来より提供してきたBI向けコンサルティングサービスを体系化し、BI導入計画の立案から導入後の戦略的活用までを支援する3つのサービスを新たに提供することを発表した。

新サービスは、「BI戦略と管理サービス」、「エンタープライズデータ管理サービス」、「パフォーマンス管理と分析サービス」の3つ。いずれも2006年2月に買収したBI専業のコンサルティングファームKnightsbridgeのノウハウをベースに、HPの経験やメソドロジーを融合させてサービス化されているという。

3つの新サービスのうち、BI戦略と管理サービスでは、同社が体系化したBI成熟度モデルをベースに現在の状態と目標の状態を可視化。ビジネス活用とIT戦略の両面から必要作業を洗い出し、ロードマップを策定する。

BI成熟度モデル

日本HP HPソフトウェア・ソリューションズ統括本部 BIS事業本部 BIソリューション部 シニア・アーキテクト 羽田宏氏

一方、エンタープライズデータ管理サービスでは、そのサービス領域を「情報戦略とガバナンス」、「マスターデータ管理」、「情報品質管理」の3つに分け、事業部門ごとにサイロ化したBIシステムを全社レベルで活用できるよう改善していく。情報戦略とガバナンスでは、全社レベルでBIシステムを維持するための組織/管理体制の確立、運用ルールの策定、必要機能の洗い出しといった作業を行い、マスターデータ管理では、部門横断的に適用する共通マスターデータを作成。情報品質管理では、データソースごとに管理者を設けたり、不具合を継続的に発見、監視、報告、改善するためのアーキテクチャを定義したりと、情報の品質を維持するための仕組みを構築する。

そして、パフォーマンス管理と分析サービスでは、KPI(Key Performance Indicator)の設定や、管理プロセスの導入などを通じて、組織全体のパフォーマンスを管理/分析するための基盤を構築する。

HPでは、こうしたサービスを「HP Global Method for Master Plan」と呼ばれる、同社方法論をツール化したソフトウェアをベースに提供。同ソフトウェアには、工程別の作業テンプレートや、インタビューリストの雛形、アーキテクチャのリファレンスモデルなどが取り込まれており、担当者のスキルに拠らない高品質のサービス提供を実現するという。

HP Global Method for Master Plan

なお、これらのサービスはすでにグローバルで展開されており、「金融サービス」、「通信・メディア」、「小売・製造・流通」、「エネルギー」、「ヘルスケアとライフサイエンス」などの分野で多くの利用実績を残しているという。説明会では、ジレットの導入事例が取り上げられ、年間6-10億円程度のコスト削減を実現したことが紹介された。

関連したタグ


転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[ディーパンの闘い]カンヌ受賞作 主演の元兵士のりりしい演技が強烈な印象を残す
[19:22 2/11] エンタメ
新潟、キャプテンに小林裕紀が就任「勝利のために戦っていける集団に」
[19:18 2/11] ライフ
【高校選抜/注目選手2】鍬先祐弥…選手権王者、東福岡の2年生MF
[19:14 2/11] ライフ
【高校選抜/注目選手1】古屋誠志郎…市立船橋の献身的なサイドバック
[19:14 2/11] ライフ
山本美月「Goo鑑定」CMに登場、「Gooクルマ情報アプリ」キャンペーンも実施
[19:11 2/11] ライフ

特別企画 PR

求人情報