爆笑太田、葉山エレーヌに「モナじゃなくてよかった」 - 田中麗奈も苦笑い

 

鮮やかな紫のドレスで登壇した田中麗奈

日仏合作のフルCGアニメーション作品『よなよなペンギン』の制作発表会見が13日、東京日仏学院で行われ、日本語吹き替えを担当した森迫永依、田中麗奈、爆笑問題の2人とりんたろう監督が出席した。

「ペンギンは飛べる」という亡き父の言葉を信じ、よなよなペンギンコートを着て町を歩く主役の少女ココを演じる森迫は「ココは元気で明るい、素直な女の子です。物事を諦めないところが私と似ています」。ココの友達、小さなゴブリンの男の子チャリー役には田中麗奈。「少年を演じる機会はなかなかないので、アニメならではと楽しんでやらせていただきました。どうしても『アッ』みたいな突発的な反応が女の子になってしまって、だいぶ録り直しをしましたね」と約1年前のアフレコを振り返った。

爆笑問題は2人ともココの敵役。ひねくれもののザミーを演じた太田光は「ひねくれてるところが似てる、って言われますけど、僕は森迫ちゃんのココがよかったです。『ココやらせてくれ』って言ったら『イメージが違う』と言われて……」と言いかけるとすかさず田中から「当たり前だよ」とツッコミが飛んだ。

森迫と会うのは実写版『ちびまる子ちゃん』のとき以来、という田中裕二は「久しぶりに会ったら身長がほぼ同じになっていてものすごいショックでした。間もなく抜かれると思います」と肩を落とした。今回は大魔王という役どころだったため、「アニメの中だけでも大きくなれたのが嬉しかったかな……」。

森迫は11歳。「クラスでは大きい方です」と田中を安心させた

田中麗奈はこの出演を機にフランス映画をたくさん観る、と宣言

「りんたろう監督とは宮崎駿の悪口をよく言ってるんですよ」といった際どいジョークを連発していた太田

フランスに行ったことはないが、いつかロンシャン競馬場には行きたい、と田中

「フルCGではピクサーにはかなわないが、日本が培ってきた2Dのノウハウを生かしてどこにも負けない作品ができた」とりんたろう監督

終始、太田の自由な発言に振り回されていた葉山アナ

太田が司会を務めた日本テレビアナウンサーの葉山エレーヌに「ねえ、(山本)モナさん」と呼びかける場面も。葉山が「モナさんじゃありません。エレーヌです」と困り顔で答えると「ですよねえ。モナじゃなくてよかった」。これには田中麗奈を始め全員が苦笑いだった。

中央に駐日フランス大使を迎えてフォトセッション。

『よなよなペンギン』は12月ロードショー。

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

声優・久保ユリカ、2ndシングル「SUMMER CHANCE!!」を8/17リリース! 東京・池袋で発売記念お渡し会を開催
[00:57 9/1] ホビー
Acer、世界初の曲面ディスプレイ搭載21型ゲーミングノートPC
[00:44 9/1] パソコン
ASUS、本体厚8mmのUSB Type-C対応15.6型モバイル液晶「ZenScreen」
[00:40 9/1] パソコン
Acer、エントリーモデルのAndroidスマホ「Liquid Z6」と「Liquid Z6 Plus」
[00:31 9/1] スマホとデジタル家電
緊急入院の志村けん、退院を報告「皆さんに心配掛けました」
[00:30 9/1] エンタメ

本音ランキング