Google Chrome OSは無料、開発パートナーの一部を公表

 

米Googleは8日(現地時間)、前日に開発を発表したオープンソースOS「Google Chrome OS」に関する簡単なFAQをChrome Blogで公開した。

「Google Chrome OSは無料か?」という問いに対しては「Yes - Google Chrome OSはオープンソースプロジェクトであり、無料で利用できるようにする」と回答している。

2つめの質問は「Google Chrome OSをサポートする上で、どのような企業の協力を得ているか?」。同OSに適したーザー体験を実現するデバイスを設計・組み立てるために数多くのテクノロジ企業との作業を進めているとした上で、その一部としてAcer、Adobe、ASUS、Freescale、Hewlett-Packard、Lenovo、Qualcomm、Texas Instrumentsなどの名前を挙げている。

最後は開発協力に関する質問。年内にChrome OSのコードをオープンソースで公開する計画を改めて示したほか、カリフォルニア州のマウンテンビュー本社やサンフランシスコ・オフィス、東京オフィスなど、世界10カ所の拠点におけるソフトウエア・エンジニアの人材募集を紹介している。

なおGoogleは今後、Chrome OSに関して寄せられた代表的な質問への回答をChrome Blogで公開していくという。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事