HDE、Webアクセス時の情報漏洩事故を防止するソフトウェアを発表

ニュース
トップ

HDE、Webアクセス時の情報漏洩事故を防止するソフトウェアを発表

  [2009/07/08]

HDEは7月8日、Webアクセス時の情報漏洩事故を防止するソフトウェア「HDE Web Cop」を7月27日より販売開始すると発表した。価格は94万5,000円(100ユーザー)から(税込)。

同製品の特徴は企業におけるWebの私的利用を防ぐことではなく、情報漏洩を防止することを目的としている点。そのため、私的利用を防止する製品ではWebのアクセス自体を制限するが、同製品ではWebのアクセスは制限しない。

同製品を利用することで、Webアクセス時に情報漏洩の要因となりうる「掲示板への書き込み」、「フィッシングサイトにおける情報の入力」、「Webメールの利用」、「出会い系サイトの利用」などを防ぐことが可能になる。

Webプロキシとして動作し、許可されていないサイトへのPOST送信をブロックする。これにより、掲示板などへの書き込みが防止される。

また、同製品は「いつ誰がどのURLにアクセスしたか」という情報を保存する。許可されたPOST送信が行われた場合はPOSTデータも保存する。これにより、万一、情報漏洩が発生した場合も、迅速に原因の究明を行うことができる。

通常、内容を取得できないSSLセッションも解析でき、暗号化された通信でもPOST送信をブロックするほか、外部にあるLDAPやActive Directoryを参照して簡単にプロキシ認証を実現できる。

製品購入時の必須条件に、年間サポートの契約がある。その料金は製品標準価格の15%で、FAX・メールによる10インシデントの問い合わせ、ソフトウェア無償バージョンアップがサポートされる。

HDE Web Copの操作画面。左は管理画面、右はPOST送信の設定画面

関連したタグ

    マイナビニュースのセミナー情報

    オススメ記事

    マイナビニュースの集合特集

    関連記事

    関連サイト

    HDE

    新着記事

    転職ノウハウ

    あなたの仕事適性診断
    あなたの仕事適性診断

    4つの診断で、自分の適性を見つめなおそう!

    Heroes File ~挑戦者たち~
    Heroes File ~挑戦者たち~

    働くこと・挑戦し続けることへの思いを綴ったインタビュー

    はじめての転職診断
    はじめての転職診断

    あなたにピッタリのアドバイスを読むことができます。

    転職Q&A
    転職Q&A

    転職に必要な情報が収集できます

    ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア
    ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア

    入室しようとしたら、マサカリ投げられちゃいました!?

    特別企画

    一覧

      人気記事

      一覧

      イチオシ記事

      新着記事

      特別企画

      一覧

        求人情報