日本通信、三菱電機のグループ会社にMVNO向けサービスを提供

日本通信は、三菱電機情報ネットワーク(MIND)にMVNEとして、NTTドコモのFOMAネットワークを利用したMVNO向けサービスを提供すると発表した。同社ではMVNOからMVNEに戦略をシフトし、パートナーシップの拡大を強化してゆくとしている。

MVNOとは自ら無線通信設備を持たない電気通信事業者。MVNEとはMVNOとの契約に基づき、MVNOの事業の構築を支援する事業を営む企業。MINDはネットワーク事業を得意とし、アプリケーション開発などIT領域を広くカバー、開発から運用・保守まで一貫したサービスを展開している。日本通信では、MINDがMINDモバイルネットワークサービスにおける高速アクセスサービスメニューなど各種サービスを展開するにあたり、MVNEとしてFOMAネットワークを利用したMVNO向けサービスを提供する。

日本通信はNTTドコモから相互接続によりネットワークを調達し、サービス開発上の核となる関門交換機を保有する唯一の事業者。従って、商品開発において携帯電話事業者とほぼ同様の自由度を得ている。また、携帯電話事業者の許可を得ないでネットワークにつなぐことができる権利も有している。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事