日本通信、三菱電機のグループ会社にMVNO向けサービスを提供

 

日本通信は、三菱電機情報ネットワーク(MIND)にMVNEとして、NTTドコモのFOMAネットワークを利用したMVNO向けサービスを提供すると発表した。同社ではMVNOからMVNEに戦略をシフトし、パートナーシップの拡大を強化してゆくとしている。

MVNOとは自ら無線通信設備を持たない電気通信事業者。MVNEとはMVNOとの契約に基づき、MVNOの事業の構築を支援する事業を営む企業。MINDはネットワーク事業を得意とし、アプリケーション開発などIT領域を広くカバー、開発から運用・保守まで一貫したサービスを展開している。日本通信では、MINDがMINDモバイルネットワークサービスにおける高速アクセスサービスメニューなど各種サービスを展開するにあたり、MVNEとしてFOMAネットワークを利用したMVNO向けサービスを提供する。

日本通信はNTTドコモから相互接続によりネットワークを調達し、サービス開発上の核となる関門交換機を保有する唯一の事業者。従って、商品開発において携帯電話事業者とほぼ同様の自由度を得ている。また、携帯電話事業者の許可を得ないでネットワークにつなぐことができる権利も有している。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

デル、直販サイトで「Surface Pro 4」を販売開始
[16:55 7/29] パソコン
スバル新型「インプレッサ」のプロトタイプを「AUTOMOBILE COUNCIL」に出展
[16:27 7/29] ホビー
VR視聴&配信アプリ「dTV VR」 - 音楽のVRコンテンツを楽しめる
[16:17 7/29] スマホとデジタル家電
【特別企画】完全食「COMP」は現代人の福音となるか? 開発者 鈴木優太×メディアアーティスト 落合陽一対談
[16:17 7/29] ヘルスケア
スマートフォンで商品を撮影すると多言語で商品情報を取得できる自販機 - ポッカサッポロフード&ビバレッジ
[16:17 7/29] 企業IT