シトリックス、アプリケーションパフォーマンス監視製品の最新版を発表

 

シトリックス・システムズ・ジャパンは7月8日、同社の主力製品であるアプリケーション仮想化製品「Citrix XenApp」のラインアップを強化する、アプリケーションパフォーマンス監視ソリューションの最新版「Citrix EdgeSight 5.1」および、負荷テストソリューション「Citrix EdgeSight for Load Testing 3.5」を発表した。

価格は、EdgeSight for Endpointsが5万6,400円から、EdgeSight for Load Testingが141万1,900円から。EdgeSight for Load Testingの日本語へのローカライゼーションは、今回が初とのこと。

EdgeSightは、同社のアプリケーション・デリバリー・インフラストラクチャに、ユーザーエクスペリエンスとパフォーマンス監視ソリューションを提供する。EdgeSight for Load Testingは、アプリケーションをIT環境に展開する途中およびその前後のパフォーマンスを可視化する。EdgeSightのリアルタイムでのパフォーマンス監視機能とEdgeSight for Load Testingによる負荷状況のシミュレーション機能の組み合わせにより、XenApp環境でのアプリケーションパフォーマンスに関わる問題の特定、優先順位付け、およびそれらの対処を行うための総合的なツールをIT管理者に提供する。これにより、ピーク時のアプリケーションの運用を保証しながら、エンドユーザーに最良のエクスペリエンスを提供するとしている。

新製品群により、企業のアプリケーション・デリバリー・インフラの監視とパフォーマンスのモニタリングを強化し、より安定した予測可能なアプリケーションデリバリー環境を実現するという。これにより、分散化するユーザコミュニティや複雑化するアプリケーションアーキテクチャなどの環境において、最良のパフォーマンス、セキュリティ、コスト削減を実現するとしている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事