ついにGoogle製ネットブックOS登場へ、その名は「Google Chrome OS」

 

「Webブラウザの利用に特化した"Lightweight"なOSを作ってほしい」――そんな噂とも願望ともつかない思いをGoogleに抱いていたユーザーは多いことだろう。昨年9月にGoogle Chromeが登場したことで、Google独自のWebブラウザプロジェクトが現実のものとなり、次なるステップは当然そうした"Google OS"へと向かうことになる。そしていま、それが現実になろうとしている。

米Googleは7月7日(現地時間)、ネットブック市場をターゲットにした新製品「Google Chrome OS」を発表した。x86とARMの両プロセッサ上で動作するオープンソースのOSで、2010年にも同OSを搭載した製品が市場に投入されることになる。

Google Chrome OSはLinuxをベースとしたOSで、Google Chromeの動作に特化した軽量で高速さを売り物にしている。起動してから数秒でWebブラウザが立ち上がるのも魅力の1つだ。セキュリティ強化に向けたアーキテクチャの再構築を行っており、ウイルスやマルウェア、あるいはセキュリティ上のアップデートに関してユーザーは気にする必要はない。ただユーザーは作業に専念しているだけで、あとはコンピュータがすべて処理してくれるというシンプルさだ。

またGoogle Chrome OSで特徴となるのがアプリケーション環境だろう。ごく一般的なOSであれば、その上で動作するアプリケーションの開発環境を公開し、広く開発者を集めてくる必要がある。だがChrome OSはWebブラウザに特化した環境のため、Webブラウザ用にアプリケーションを記述すれば、それがそのままネイティブ・アプリケーションとして利用できることになる(Gearsを使えばオフライン動作も問題ない)。逆にChrome OS用に記述したアプリケーションであっても、そのままWindowsやMac、Linuxで動作することを意味する。

Chrome OSプロジェクトは、Androidの派生として新規に立ち上げられたプロジェクトだという。Androidは携帯からセットトップボックス(STB)、ネットブックまで幅広いデバイスをカバーすることを想定しているのに対し、Chrome OSはあくまでWeb中心に作業を行うユーザーをターゲットに開発されている。対象となるマシンもネットブックからフルサイズのデスクトップPCまで、PC系に特化している。当然Androidと重複する面も多いが、この選択の余地がユーザーのとってのメリットになるとGoogleでは説明する。

現在のスケジュールは、2009年末までにChrome OSのコードがオープンソースで公開され、2010年後半にもOEMを経由した製品の出荷が開始される見込みだという。"シンプル"OSを待っていたユーザーはぜひ、来年以降の動向に注目してほしい。

関連キーワード


転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

アスクルとマネーフォワード、経費精算サービス提供開始
[17:26 7/26] マネー
スマホ保有者が初の50%超え - 総務省調査
[17:24 7/26] マネー
VAIOは独りで生きていく - 黒字化した3年目は新事業へ投資
[17:24 7/26] パソコン
機械遺産に新たに「国内初の地熱発電所」「スバル360」など7件を指定
[17:22 7/26] テクノロジー
小栗旬・藤原竜也・真木よう子らが『龍が如く』最新作に出演決定、桐生一馬伝説は最終章に
[17:15 7/26] ホビー

求人情報