Marcurial 1.3登場、リポジトリをまとめる"サブリポジトリ"

a fast, lightweight Source Control Management system designed for efficient handling of very large distributed projects.

1日(米国時間)、Mercurialの最新版となるMercurial 1.3が公開された。MercurialはPythonで開発された分散型のバージョン管理システム。Gitとともに次世代バージョン管理システムとして注目されている。Google Codeが採用しているほか、Mozilla Projectも開発にはMercurialを採用している。

Mercurial 1.3には実験的な取り組みとして「サブリポジトリ」の機能が追加されている。サブリポジトリは複数のリポジトリの集まりをグループとして扱えるようにするというもの。クローン、コミット、プッシュ、プルなどの操作をまとめて実行できるようになる。ただしまだ実験的機能と位置づけられており、本番環境への導入には、また荒削りなところがあったり、将来変更が加わる可能性があることを加味していく必要がある。

なお1.3ではPython 2.3はサポートされないように変更されている。Mercurial 1.3を動作させるにはPython 2.4から2.6までのバージョンが必要。



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

求人情報