MS、Datacenter向けにSystem Center統合運用管理ライセンスを発表

ニュース
トップ

MS、Datacenter向けにSystem Center統合運用管理ライセンスを発表

  [2009/07/02]

マイクロソフトは、Windows Server 2008 Datacenterを利用するユーザー向けに、稼働監視を行うOperations Manager、仮想環境管理のVirtual Machine Manager、構成管理のConfiguration Manager、データバックアップ/リカバリーのData Protection Managerのエンタープライズサーバ管理ライセンスから構成される、統合運用管理ライセンス「System Center Server Management Suite Datacenter(SMSD)」を発表した。SMSDでは、4製品を個別に購入した場合の約半額で購入することが可能だという。

これは、従来の「System Center Server Management Suite Enterprise(SMSE)」を、CPU単位課金に変更したもの。仮想化インスタンスは無制限で利用できる。

一方、従来の「System Center Server Management Suite Enterprise(SMSE)」は、仮想化インスタンス無制限だったものを、Windows Server 2008 Enterpriseに合わせSMSE 1ライセンスにつき、4仮想化インスタンスまでとし、価格を最大で20%下げた。

SMSDは、Enterprise Agreement、Select、 Open、Open Valueのライセンスプログラムで提供され、CPU単位で課金(最低2CPUのライセンスが必要)。参考価格は、Select ライセンス レベルA ソフトウェアアシュアランス 1年分を含む場合で、15万2,000円(2 CPU分の価格)となっている。

一方、SMSEは、Enterprise Agreement、Select、Open、Open Valueのライセンスプログラムで提供され、物理サーバ単位で課金。参考価格は、Select ライセンス レベルA ソフトウェアアシュアランス 1年分を含む場合で、12万1,500円となっている。

関連したタグ


特別企画

一覧

    人気記事

    一覧

    イチオシ記事

    新着記事

    復活『M-1』、出場資格が"結成15年以内"に拡大
    [11:35 5/23] エンタメ
    【レポート】ガラケーはどうなる? 3大キャリアの対応から考察するガラケーの未来
    [11:30 5/23] 携帯
    【コラム】シリコンバレー101 第615回 モバイルでスピード勝負を仕掛けてきたFacebook、Instant Articlesの衝撃
    [11:30 5/23] マーケティング
    【連載】「サービス&ソリューション」人気記事ランキング 第5回 一番人気は、「Microsoft、『海賊版はWindows 10の無償アップグレードの対象外』と明言」
    [11:30 5/23] エンタープライズ
    混戦のブンデス残留争い、複数クラブが他会場の途中経過を非表示に
    [11:10 5/23] ライフ

    特別企画

    一覧