MS、Datacenter向けにSystem Center統合運用管理ライセンスを発表

ニュース
トップ

MS、Datacenter向けにSystem Center統合運用管理ライセンスを発表

  [2009/07/02]

マイクロソフトは、Windows Server 2008 Datacenterを利用するユーザー向けに、稼働監視を行うOperations Manager、仮想環境管理のVirtual Machine Manager、構成管理のConfiguration Manager、データバックアップ/リカバリーのData Protection Managerのエンタープライズサーバ管理ライセンスから構成される、統合運用管理ライセンス「System Center Server Management Suite Datacenter(SMSD)」を発表した。SMSDでは、4製品を個別に購入した場合の約半額で購入することが可能だという。

これは、従来の「System Center Server Management Suite Enterprise(SMSE)」を、CPU単位課金に変更したもの。仮想化インスタンスは無制限で利用できる。

一方、従来の「System Center Server Management Suite Enterprise(SMSE)」は、仮想化インスタンス無制限だったものを、Windows Server 2008 Enterpriseに合わせSMSE 1ライセンスにつき、4仮想化インスタンスまでとし、価格を最大で20%下げた。

SMSDは、Enterprise Agreement、Select、 Open、Open Valueのライセンスプログラムで提供され、CPU単位で課金(最低2CPUのライセンスが必要)。参考価格は、Select ライセンス レベルA ソフトウェアアシュアランス 1年分を含む場合で、15万2,000円(2 CPU分の価格)となっている。

一方、SMSEは、Enterprise Agreement、Select、Open、Open Valueのライセンスプログラムで提供され、物理サーバ単位で課金。参考価格は、Select ライセンス レベルA ソフトウェアアシュアランス 1年分を含む場合で、12万1,500円となっている。

関連したタグ

関連記事

関連サイト

新着記事

特別企画

一覧

    人気記事

    一覧

    イチオシ記事

    新着記事

    押切もえ、自身2作目の小説を発表! 林真理子氏らとの並びに「胸が一杯」
    [05:00 12/22] エンタメ
    清武、酒井宏が先発のハノーファー、後半劇的AT弾でドローに持ち込む
    [03:37 12/22] ライフ
    細貝先発のヘルタ、2度のPK献上など5失点で完敗…原口は出番なし
    [01:21 12/22] ライフ
    【コラム】次世代オモチャ研究所 スマートトイ・ストーリー 第9回 スマホで撮って即プリント。恋のワンチャン広がる「スマホ de チェキ」
    [00:00 12/22] パソコン
    G-SHOCK最高峰、MR-Gの新作「MRG-G1000」 - GPSと標準電波のハイブリッド化
    [00:00 12/22] 家電

    特別企画

    一覧