MS、Datacenter向けにSystem Center統合運用管理ライセンスを発表

 

マイクロソフトは、Windows Server 2008 Datacenterを利用するユーザー向けに、稼働監視を行うOperations Manager、仮想環境管理のVirtual Machine Manager、構成管理のConfiguration Manager、データバックアップ/リカバリーのData Protection Managerのエンタープライズサーバ管理ライセンスから構成される、統合運用管理ライセンス「System Center Server Management Suite Datacenter(SMSD)」を発表した。SMSDでは、4製品を個別に購入した場合の約半額で購入することが可能だという。

これは、従来の「System Center Server Management Suite Enterprise(SMSE)」を、CPU単位課金に変更したもの。仮想化インスタンスは無制限で利用できる。

一方、従来の「System Center Server Management Suite Enterprise(SMSE)」は、仮想化インスタンス無制限だったものを、Windows Server 2008 Enterpriseに合わせSMSE 1ライセンスにつき、4仮想化インスタンスまでとし、価格を最大で20%下げた。

SMSDは、Enterprise Agreement、Select、 Open、Open Valueのライセンスプログラムで提供され、CPU単位で課金(最低2CPUのライセンスが必要)。参考価格は、Select ライセンス レベルA ソフトウェアアシュアランス 1年分を含む場合で、15万2,000円(2 CPU分の価格)となっている。

一方、SMSEは、Enterprise Agreement、Select、Open、Open Valueのライセンスプログラムで提供され、物理サーバ単位で課金。参考価格は、Select ライセンス レベルA ソフトウェアアシュアランス 1年分を含む場合で、12万1,500円となっている。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

声優・久保ユリカ、2ndシングル「SUMMER CHANCE!!」を8/17リリース! 東京・池袋で発売記念お渡し会を開催
[00:57 9/1] ホビー
Acer、世界初の曲面ディスプレイ搭載21型ゲーミングノートPC
[00:44 9/1] パソコン
ASUS、本体厚8mmのUSB Type-C対応15.6型モバイル液晶「ZenScreen」
[00:40 9/1] パソコン
Acer、エントリーモデルのAndroidスマホ「Liquid Z6」と「Liquid Z6 Plus」
[00:31 9/1] スマホとデジタル家電
緊急入院の志村けん、退院を報告「皆さんに心配掛けました」
[00:30 9/1] エンタメ