Mozilla、Webブラウザ最新版「Firefox 3.5」を正式リリース

 

約1年ぶりのメジャーリリース「Firefox 3.5」 (画面はMac OS X版)

Mozilla Foundationは6月30日 (米国時間)、WebブラウザFirefoxの最新版「Firefox 3.5」を正式リリースした。動作環境はWindowsとMac OS X、およびLinux。サポートされる言語は75種、日本語版バイナリパッケージはMozilla JapanのWebサイトから無償ダウンロードできる。

Firefox 3.5は、開発コード名「Shiretoko」として開発が続けられてきた、Firefoxの約1年ぶりとなるメジャーリリース。HTMLレンダリングエンジンにGecko 1.9.1を採用、Web標準規格との互換性が向上したほか、レンダリング速度の改善が図られている。JITコンパイラ搭載の高速JavaScriptエンジン「TraceMonkey」を収録、Mozillaの報告によれば、ベンチマークはFirefox 3に比べ2.4倍、Firefox 2に比べて13倍にも高速化されているという。

HTML 5に関連した、最新のWeb標準技術にも対応。「<video>」と「<audio>」タグのサポートにより、プロプライエタリな技術に依存することなく動画や音楽を埋め込み / 再生できるようになった。同じくHTML 5で定義される、JavaScriptのマルチスレッドプログラミングを可能にする技術「Web Worker Threads」や、Webアプリケーションのオフライン時におけるデータ保存領域を確保する「Web Storage API」もサポートされる。

W3Cが定める位置情報取得規格「W3C Geolocation Specification」にも対応、無線LAN APとIPアドレスをもとに現在地の情報を取得することが可能になった。ほかにも、履歴や一時ファイルを残さない「プライベートブラウジング機能」や、CSS3で定義されたWebフォント機能、カラーマネジメント機能のサポートなど、多くの新機能が搭載されている。

Mozilla Japanでは、Firefox 3.5のリリースにあわせWebサイト「Firefox 3.5の灯 (ともしび)」を公開している。このWebサイトでは、Firefox 3.5のダウンロード1件1件が日本地図上の灯となり、Firefoxのダウンロード状況が都道府県別にリアルタイムかつ視覚的に表示される。画面右下の「灯」をクリックすると、表示モードを切り替えることができる。

videoタグをSVGで使用するデモ (Firefoxの開発者、Chris Double氏のWebサイトより)

Mozilla Japanのオリジナル企画「Firefoxの灯」は今回も実施される

動画 - 「Firefox 3.5の灯 (ともしび)」
flash/swflash.cab#version=9,0,124,0');">http://download.macromedia.com/pub/shockwave/cabs/flash/swflash.cab#version=9,0,124,0" width="490" height="368" id="FLVPlayer3"> http://www.macromedia.com/go/getflashplayer" />
ダウンロード1件1件が日本地図上の灯となり、Firefoxのダウンロード状況が都道府県別にリアルタイムかつ視覚的に表示される

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

[木村拓哉]ラジオでファンの厳しい声紹介 「なぜすぐに帰国しなかった」
[00:08 8/27] エンタメ
Windows 10ミニTips 第112回 Microsoft Edgeの拡張機能を使う - Save to Pocket編
[00:00 8/27] パソコン
TVアニメ『アイドルメモリーズ』、「Shadow」のユニットPVを公開
[23:55 8/26] ホビー
音井れこ丸が描く睡眠不足な先生とJKのラブコメ2巻、元教え子も参戦
[23:31 8/26] ホビー
[今週シネマ]26日公開の映画「君の名は。」「ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>」…
[23:21 8/26] エンタメ