iPhone上で動く3D CGモデラ/レンダラ「iTracer」 - OS 3.0対応で高速化

 

iPhone OS 3.0に対応した3Dモデラ/レンダラ「iTracer」

3Dモデリング / レンダリングを行うiPhoneアプリ「iTracer」の最新版が公開された。対応デバイスはiPhoneとiPod touch、動作環境はiPhone OS 3.0以降。価格は230円。

iTracerは、iPhone単独でモデリング/レンダリングできるアプリケーション。内蔵の2Dエディタを利用してモデリングを実行、レンダリングまで一括して処理できる。レンダリングされたオブジェクトは、iPhoneのマルチタッチUIで拡大/縮小や回転などの操作を行えるほか、iPhoneの写真ライブラリに書き出すことでPC / Macへ転送することが可能。エディタは反射率や透明度などの質感を設定でき、複数の光源もサポートしている。

2Dエディタを利用してモデリングを行い、レンダリングもこのアプリケーションのみで行う。レンダリングされた画像はiPhoneの写真ライブラリに転送される。マルチタッチのインタフェースによりビューの拡大・縮小やパン操作を簡単に行うことができ、オブジェクトの回転なども直感的に行えるとしている。反射率、透明度、自己発光などの質感エディターを備え、複数光源をサポートするほか、アンビエントやディフューズなどのマテリアルも使用できる。対応する解像度は256×256ピクセルから最大1024×1024ピクセルまで。

その他、3D Studio MAX/3ds MaxおよびMayaの3DSファイルのインポートもサポートしている。

今回のバージョンでは、iPhone OS 3.0に対応。レイトレーシングの速度が最大4倍向上したほか、光源ごとに影をON/OFFすることが可能になった。システム標準のメールクライアントにエクスポートする機能も追加、生成した画像はワイヤレスでコンピュータへ転送できる。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

「製品」から「体験」へ - ドイツのEVベンチャーが見据えるPLMの進化
[14:21 8/29] テクノロジー
日立ソ、SharePoint Online向けセキュリティ製品 - 情報を自動で暗号化
[14:12 8/29] 企業IT
Zebra、Android/iOS対応RFIDリーダーの国内提供を開始
[14:07 8/29] テクノロジー
【特別企画】"中古車選び"で悩むこととは? - 中古車情報サイト「グーネット」
[14:06 8/29] ホビー
「アイアンナイト」の屋宜知宏新作、電気文明が発展した世界舞台の戦記もの
[13:36 8/29] ホビー