SH-06A NERV記念式典で「NERV広報大使」加藤夏希が、ヱヴァケータイを絶賛

 

27日、映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」の公開に合わせ、ヨドバシカメラ マルチメディア akibaとビックカメラ有楽町店で「SH-06A NERV記念式典」が行われた。同式典 に、「NERV 広報大使」に任命された女優の加藤夏希さんが出席。SH-06A NERVの魅力を語った。

NERV 広報大使に任命された加藤夏希さん。NERV職員の制服で登場

NERV職員の制服で登場した加藤夏希さん。SH-06A NERVをアピール

SH-06A NERVは、人気アニメ「ヱヴァンゲリヲン」の世界観をモチーフとした、折りたたみ型の携帯電話。PRIMEシリーズの新端末「SH-06A」をベースに、ヱヴァンゲリヲン新劇場版の製作会社である「スタジオカラー」と総監督の庵野秀明氏が全面監修をおこなったコラボレーションモデル。

SH-06A NERV記念式典で加藤は、これまでにもさまざまな大使を務めてきたが、「私よりもエヴァンゲリオンについて詳しい方がたくさんいる中で、私を選んで頂いて嬉しい」とコメント。

NERV官給品仕様となるSH-06A NERVについては、「細部へのこだわりがすごい。このケータイがあればいつでもエヴァンゲリオンの世界に浸れる」と絶賛。プリセットされている待ち受け用画像やデコメ素材の種類の多さ、端末デザイン、文字フォントなどさまざまな"特殊仕様"を紹介した。

また、ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破で実際に登場するケータイとあって、「ファッション(コスチューム)は売っているが、小道具はない。こうした(小道具となりうる)ケータイが発売されることによって、さらに(キャラクターに)なりきれる」とコスプレする際にも欠かせないアイテムという加藤さんらしい切り口でSH-06A NERVを紹介した。

トークショーではTV版も含めたエヴァンゲリオンの世界や登場するキャラクターについて熱く語った

イベントでは、集まったファンの中から抽選で5名に加藤さんの直筆サイン入りのクリアファイルがプレゼントされた

会場では、加藤さんのトークショーのほか、SH-06A NERVのタッチ&トライや予約受付が行われた。

ヨドバシカメラ マルチメディアAKIBAの特設会場。実際の端末を試すこともできた

タッチ&トライコーナーではNERV職員の制服を着たスタッフが端末の案内などを行っていた

なお、同様のイベントがビックカメラ有楽町店でも開催された。

ビックカメラ有楽町店でも同様のイベントが行われた

(2106bpm/K-MAX)

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

IaaSの基本を知ろう! パブリックとプライベートの違いって?
[09:30 8/31] 企業IT
SaaS、PaaS、IaaS、クラウドサービス3種の特徴とは
[09:30 8/31] 企業IT
急速に普及するクラウドサービスIaaSによるシステム構築の特徴とメリット
[09:30 8/31] 企業IT
設備投資からみるIaaSのメリット
[09:30 8/31] 企業IT
IaaSの基本とそのメリットとは?
[09:30 8/31] 企業IT