マイケル・ジャクソンが死去

  [2009/06/26]

米国時間の木曜午後、ロサンゼルスのUCLA Medical Centerで歌手のマイケル・ジャクソンが死去した。享年50歳。ステイプルズ・センターで、今夏イギリスで行われる予定だった復活ツアーのリハーサルに入っていた。死因は今のところ不明だが、事件性はないと見られており、健康面で何か問題があったのではと憶測が飛んでいる。

複数のメディアが伝えるところによると、昨年のクリスマス前後に、マイケルの伝記編纂に取り組んでいた英国のジャーナリストが、マイケルがα1-アンチトリプシン不足(肺と肝臓を蝕む遺伝子上の疾患)で苦しんでおり、肺移植を必要としていると発表したという。また、左目の視力は失われ、呼吸困難でほとんど話すこともできない状態だったとも明かしている。

これに対し、マイケルの代理人は「健康問題の事実は一切なく、完全に健康体である」との声明を出していた。

しかし、ロンドンでのコンサートの日程が延期されたときに再びマイケルの病気説が浮上。皮膚がんにかかっているのではないかとの噂も立った。

今日、詳しい検死が行われることになっている。

【マイケル・ジャクソン関連最新情報】

マイケル・ジャクソン、死因の特定できず - 注目は主治医へ

マイケル・ジャクソン、死因は薬の乱用か

マイケル・ジャクソンの悲報にマライア・キャリー、元妻らがコメント

関連したタグ

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

MRJの5月進捗 - 2号機が約130分間の初飛行、G7で地上オペレーション披露
[16:32 5/31] 趣味
KDDI、新サービス「au STAR」発表 - 長期契約者にはWALLET ポイント付与
[16:01 5/31] 携帯
ダイエットのきっかけになった言葉は? ‐ 女性3位はブタなど"動物例え系"
[16:00 5/31] ヘルスケア
ASUS、「ZenFone 3シリーズ」3製品を発表--フルメタルボディのモデルも登場
[15:47 5/31] 携帯
オリックス・レンテック、金属3Dプリンタの導入支援サービスを開始
[15:43 5/31] テクノロジー

本音ランキング