帳票などJavaとExcelの双方向での利用を実現するOSSが公開

ビーブレイクシステムズは6月25日、ExcelデータをJavaオブジェクトに変換するOSS「ExCella」シリーズの提供を開始した。同シリーズは、フレームワーク「ExCella Core」、帳票ツール「ExCella Reports」、データ移行ツール「ExCella Trans」から構成される。

ExCella Coreは同シリーズのコア部分であり、JavaでExcelファイルを操作するためのフレームワーク。JavaプログラムからExcelデータを取り込む場合、データを取り込みたい場所を1つずつ指定するコーディングを行う必要がある。同ツールを用いれば、取り込みたいデータの定義を行うことなく、Excelにタグを埋め込むことでJavaオブジェクトに変換できる。

ExCella Reportsでは、Excelで作成したテンプレートからExcelやPDFの帳票を作成することができる。PDFの出力はOpenOfficeの変換機能が用いられる。

ExCella Reportsの分析帳票のサンプル画面

ExCella Transは、ExcelデータをSQLやO/Rマッピングツールで使えるようなエンティティに変換することで、データ移行を支援する。通常、データを移行する際はテーブルごとにデータを作成する必要があるが、同ツールを用いれば移行先のテーブルに依存することなく、論理的な単位で一括してデータ移行が行える。

同シリーズの動作環境は、JavaがJ2SE 5.0以上で、Excelが2000~2007となっている。ダウンロードはSourceForge.JPで行える。

関連キーワード


転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

求人情報