アクティベーション殺到でシステムパンクのiPhone 3G S、米Appleがお詫びに30ドル

 

米国で19日(現地時間)に販売がスタートしたAppleの「iPhone 3G S」だが、利用開始にあたってまず最初に必要となるアクティベーション作業でトラブルが発生している。一度に多くのユーザーが登録のたにサーバに殺到したことが原因とみられ、最悪のケースでは2日程度の遅延が発生しているという。こうした事態を受けて米Appleは21日早朝にユーザーへのメールでその旨を報告、お詫びに30ドルのiTunes Store Creditの提供を約束している。

本件は21日早朝の利用者へのメールで明らかになったもので、複数のメディアが報じている。17日のiPhone OS 3.0公開、19日のiPhone 3G S発売と立て続けにトラブルが発生しているAppleだが、同社によれば「システム上の問題」に起因しているという。米国での独占提供キャリアである米AT&Tによれば、事前予約の段階で数十万台単位のオーダーが入っているといわれ、これらユーザーがアクティベーションのために一気に集中したことがサーバの負荷を高め、トラブルを起こしたとみられる。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

「弱虫ペダル SPARE BIKE」入場者プレゼントはデフォルメイラスト缶バッジ11種
[00:00 7/28] ホビー
[三太郎]桃ちゃんがかぐちゃんの“口撃”にたじたじ “ガラスの靴”が登場
[00:00 7/28] エンタメ
[乃木坂46西野七瀬]「ヤンジャン」グラビアで“老舗旅館の一人娘”に お風呂場にショーパン姿で…
[00:00 7/28] エンタメ
魚介忘太×わんにゃんぷー「殺伐シェアライフ」1巻、化け物2匹のギスギス生活
[23:46 7/27] ホビー
[仮面女子・桜雪]東大出身アイドル念願の「東大受験本」出版に歓喜 狙うはミリオンセラー
[23:26 7/27] エンタメ