「かぐや」ラストショット - HDTVによる月面落下までの軌跡が公開

宇宙航空研究開発機構(JAXA)とNHKは6月19日、2009年6月11日に月面に制御落下させた月周回衛星「かぐや」の制御落下直前の静止画像のハイビジョンカメラ(HDTV)による撮影に成功したことを明らかにし、JAXAのWebサイトなどで公開した。

「かぐや」のハイビジョンカメラが撮影したラストショット画像(「ドリガルスキーP(直径約30km)付近)(出所:JAXA)

今回の画像は、"かぐや"が制御落下地点(GILLクレータ付近)に向けて高度を下げながら約1分間隔で連続撮影を行ったもので"かぐや"が撮影した月面のラストショットとなり、徐々に高度を下げているのに併せて、月面が迫ってくる様子が見てとれる。

また、JAXAでは制御落下直前の地形カメラ(TC)などによる立体視画像および動画などの作成にも成功。こちらは制御落下の約12分前に、地形カメラの2つのカメラで観測したデータを用いて作成したもので、これまでの画像に比べて、高度が下がったことで高い分解能の立体視画像となっている。

ただし、落下地点は日陰のため、月面が暗くなることから、立体視画像の作成に必要となる対のデータが取得できず、月面の撮影はできなかった。

今回の画像については、JAXAのデジタルアーカイブスやかぐや画像ギャラリー、YouTubeのJAXAチャンネルなどで視聴することができる。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事