Amazon、Kindleのソースコードを公開

Amazon Kindle Wireless Reading Device

Amazon.comがKindleのソースコード公開を開始した。公開されたのはKindle DX、Kindle、Kindle (1st Generation)の3種類のデバイスに対応したソースコード。たとえばKindle DXに対応したソースコードには次のソフトウェアと修正パッチが含められている。

  • linux-2.6.22-lab126、glibc-2.5、util-linux-2.12r
  • uboot-1.3.0-rc3、udev-112
  • gcc-4.1.2、binutils-2.17.50.0.5
  • glib-2.12.9
  • alsa-lib-1.0.13と変更パッチ、alsa-utils-1.0.13と変更パッチ
  • base-passwd_3.5.9
  • bonnie++-1.03c.tgz
  • bootchart-0.9
  • busybox-1.7.2
  • dosfstools-2.11
  • e2fsprogs-1.38と変更パッチ
  • fuse-2.7.1、fuse-2.7.1_link
  • gstreamer-0.10.17、gst-plugins-base-0.10.6、gst-plugins-base-0.10.17
  • hotplug-2004_09_20
  • ifupdown_0.6.8
  • iptables-1.3.3
  • klibc-1.5
  • libol-0.3.18
  • lrzsz-0.12.20
  • lzo-1.08
  • module-init-tools-3.2.2と変更パッチ
  • mtd-utils-1.0.0
  • picocom-1.4
  • powertop-1.10
  • procps-3.2.7と変更パッチ
  • readline-4.3
  • syslog-ng-1.6.11
  • sysvinit-2.86
  • taglib-1.5

米国で人気の高い無線対応ドキュメント閲覧デバイスKindleは、LinuxをベースにいくつかのOSSプロダクトを組み合わせて開発されたシステム。Kindle DX版には変更パッチが5ファイル含められているが、どのパッチもかなりサイズが小さく、変更内容も簡単なものばかり。ほぼ変更することなくLinuxデバイスとして動作していることがわかる。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事