Mac OS X用最新Javaアップデータが公開

 

アップルは16日、Mac OS X向けJava実装の最新版「Java for Mac OS X 10.5 Update 4」をリリースした。動作環境はMac OS X 10.5.7以降、同社Webサイトまたはソフトウェアアップデータ経由で配布される。

今回のリリースは、セキュリティの修正が主な目的。修正箇所はJava SE 6 / J2SE 5.0 / J2SE 1.4.2の広い範囲におよび、悪意のもと開発されたJavaアプレットを利用して特権を取得されたり、任意のコードを実行されたりする脆弱性が修正された。これらのセキュリティ問題は、他のOS向けにはすでにSun Microsystemsから修正版が配布されていたが、アップルが提供するMac OS X版については対応が遅延していたもの。

J2SE 5.0 / J2SE 1.4.2の脆弱性を解消するMac OS X 10.4系向けの「Java for Mac OS X 10.4, Release 9」についても、あわせて配布が開始されている。

*Java for Mac OS X 10.5 Update 4

*Java for Mac OS X 10.4, Release 9

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

進化するWi-Fi - 次世代の高速通信を支える802.11ac Wave2
[16:48 7/27] テクノロジー
富士通、米ネットワークサービス企業TrueNet Communicationsを買収
[16:42 7/27] 企業IT
男性の育休取得が過去最高 - 2.65%に
[16:39 7/27] キャリア
バッファロー、Macですぐに使えるUSB 3.0対応の超薄型ポータブルHDD
[16:37 7/27] パソコン
[聲の形]新規カット公開 入野自由、早見沙織がアフレコ苦労明かす
[16:23 7/27] ホビー