Mac OS X用最新Javaアップデータが公開

 

アップルは16日、Mac OS X向けJava実装の最新版「Java for Mac OS X 10.5 Update 4」をリリースした。動作環境はMac OS X 10.5.7以降、同社Webサイトまたはソフトウェアアップデータ経由で配布される。

今回のリリースは、セキュリティの修正が主な目的。修正箇所はJava SE 6 / J2SE 5.0 / J2SE 1.4.2の広い範囲におよび、悪意のもと開発されたJavaアプレットを利用して特権を取得されたり、任意のコードを実行されたりする脆弱性が修正された。これらのセキュリティ問題は、他のOS向けにはすでにSun Microsystemsから修正版が配布されていたが、アップルが提供するMac OS X版については対応が遅延していたもの。

J2SE 5.0 / J2SE 1.4.2の脆弱性を解消するMac OS X 10.4系向けの「Java for Mac OS X 10.4, Release 9」についても、あわせて配布が開始されている。

*Java for Mac OS X 10.5 Update 4

*Java for Mac OS X 10.4, Release 9

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

外出頻度が低い人ほど、認知機能が悪化しやすいことが判明 - 心への影響も
[14:14 9/26] ヘルスケア
セイコー、準天頂衛星「みちびき」スペシャルのGPSソーラー「アストロン」
[13:56 9/26] スマホとデジタル家電
今秋、何キロ減量したい? - 男性は平均7キロ、女性は…
[13:55 9/26] ヘルスケア
皆さんお待ちかね!島本版「Gガンダム」最終巻が発売、レディーゴー!
[13:41 9/26] ホビー
これから取り組むサイバーセキュリティ対策の基礎知識 第1回 知っておきたいWebサイトのセキュリティ
[13:41 9/26] 企業IT