ネイティブコードをブラウザで実行する「Native Client」が次の開発ステージへ

 

マンデルブロー集合の計算をJavaScriptと比較すると、Native Clientの速さがわかる(ブラウザにはFirefox 3を使用)

Googleは、Webブラウザ上でx86ネイティブコードを実行する処理系「Native Client」の計画をアップデートした。従来の実験的な位置付けから前進し、今後はデベロップメントプラットフォームとして次段階の開発が進められる。

Native Clientは、CPUネイティブコード(マシン語)をWebブラウザ上で実行する処理系。ライブラリ群からなるランタイムと、各種Webブラウザに対応するプラグイン、およびGCCベースのコンパイラツールで構成される。サポートされるOSはWindowsとMac OS X、およびLinux。現在のところ、CPUアーキテクチャはx86系のみ対応するが、将来的にはARMやPowerPCへの移植も検討されている。

Googleは2008年12月にNative Clientを公開して以来、セキュリティコンテストや技術文書の公開も行いつつ、基礎研究に取り組んできた。その結果システムの基礎は安定し、次の実装へ進む段階に到達したと判断されたもの。

計画のアップデートにより、ソースリポジトリは従来の社内向けに設置された研究用のものから、公開用SVNに変更され、あわせてソースコードも再構成される。今後はNPAPI(Netscape Plugin Application Programming Interface)準拠プラグインや、Web Workers(JavaScriptでマルチスレッド処理を可能にする技術)のサポートも視野に入れた開発を行う。また、GoogleのWebブラウザ向け3DグラフィックスAPI「O3D」との統合も検討しているとのこと。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

[ハイスコアガール]2年ぶり連載再開 コミックスも復活
[00:00 7/25] ホビー
[げんしけん]「次号『二代目』最終回!!」 オタクサークルの活動描いた人気マンガ
[00:00 7/25] ホビー
Googleお役立ちテクニック - Chromeブラウザで複数のGoogleアカウントを利用する
[00:00 7/25] パソコン
[バナナマン・設楽]日村からの“サプライズ”に困る 人気の柴犬「まる」も登場
[21:03 7/24] エンタメ
都知事候補の女子大生淫行疑惑、巨人エースのお持ち帰り、ASKAの新ブログ - 週刊芸能ニュース! 注目トピックスBest5
[21:00 7/24] エンタメ