ネイティブコードをブラウザで実行する「Native Client」が次の開発ステージへ

 

マンデルブロー集合の計算をJavaScriptと比較すると、Native Clientの速さがわかる(ブラウザにはFirefox 3を使用)

Googleは、Webブラウザ上でx86ネイティブコードを実行する処理系「Native Client」の計画をアップデートした。従来の実験的な位置付けから前進し、今後はデベロップメントプラットフォームとして次段階の開発が進められる。

Native Clientは、CPUネイティブコード(マシン語)をWebブラウザ上で実行する処理系。ライブラリ群からなるランタイムと、各種Webブラウザに対応するプラグイン、およびGCCベースのコンパイラツールで構成される。サポートされるOSはWindowsとMac OS X、およびLinux。現在のところ、CPUアーキテクチャはx86系のみ対応するが、将来的にはARMやPowerPCへの移植も検討されている。

Googleは2008年12月にNative Clientを公開して以来、セキュリティコンテストや技術文書の公開も行いつつ、基礎研究に取り組んできた。その結果システムの基礎は安定し、次の実装へ進む段階に到達したと判断されたもの。

計画のアップデートにより、ソースリポジトリは従来の社内向けに設置された研究用のものから、公開用SVNに変更され、あわせてソースコードも再構成される。今後はNPAPI(Netscape Plugin Application Programming Interface)準拠プラグインや、Web Workers(JavaScriptでマルチスレッド処理を可能にする技術)のサポートも視野に入れた開発を行う。また、GoogleのWebブラウザ向け3DグラフィックスAPI「O3D」との統合も検討しているとのこと。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

小林麻央、抗がん剤にお願い「どうか、私の癌を小さくして下さい」
[13:47 9/29] エンタメ
[ミス美しい20代コンテスト]グランプリは大分県出身・是永瞳さん 空手2段のスポーツウーマン
[13:45 9/29] エンタメ
陣内・熊切、愛之助・紀香の披露宴同日に番組共演 - 「それはアカン!」と反省
[13:41 9/29] エンタメ
【特別企画】美人OLを襲う"スマホの二重苦……" - 解決するのは「バッテリー付きモバイルルーター」だった!
[13:32 9/29] スマホとデジタル家電
Spotify、遂に日本上陸!! - 3,000万曲以上聴き放題で無料プランも用意
[13:29 9/29] スマホとデジタル家電