「iPhone 3G S」「iPhone OS 3.0」向け新機能がMobileMeに追加 - 17日開始

これで紛失しても大丈夫? MobileMeに「iPhoneを探す」と「リモートワイプ」機能が追加される

アップルは、オンラインサービス「MobileMe」のWebサイトを更新、まもなく登場する新機能を公開した。そのうち「iPhoneを探す」機能については、米国時間の8日にリリース日が公表された「iPhone OS 3.0」にあわせ、17日に提供が開始される。

新機能の1つ「iPhoneを探す」では、iPhoneのおよその位置を地図上で特定できる。iPhone OS 3.0のMobileMe設定で同機能を有効化しておくことで、MobileMeのWebサイト から探すことが可能。特別な音を鳴らす/メッセージを表示するなど拾得した人物にアピールする機能も提供されるほか、盗難時など取り戻すことが困難な場合には、リモートワイプ機能により個人情報を抹消することもできる。

MobileMeのオンラインストレージサービス「iDisk」も、正式にiPhone/iPod touchをサポート。App Store経由で配布されるアプリをインストールすると、iDisk上のファイルを閲覧/共有することが可能になる。ファイルを共有する場合は、受け取る相手を指定するとiDiskがURLをメールで通知するため、ファイルをiPhoneにダウンロードする必要がない。パブリックフォルダを介すことで、多数のユーザとファイルを共有することも可能。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事