映画監督初挑戦の土屋アンナ、「性格悪いけど実はMなんですよ」

ニュース
トップ

映画監督初挑戦の土屋アンナ、「性格悪いけど実はMなんですよ」

澤田竹洋  [2009/06/05]

「自分海好きなんですよ」と話す土屋アンナ。「一人一人が大自然にたいしていろんな想いを持ってほしい」、その想いが今回の映画を作る原動力になったという

今年で11回目の開催となるアジア最大の短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2009」のオープニングプレスイベントが4日、表参道ヒルズにて行われた。イベントでは同フェスティバルの「話題賞」授賞式が催され、本年度受賞者の土屋アンナにトロフィーが授与された。

土屋アンナは、オムニバス映画『ブルー・パシフィック・ストーリーズ』の中の1編『フィッシュ・ボーン』で初めて映画監督を務めた。人間によって死滅してしまった海を、主人公の魚の少年が自分たちの故郷として取り戻そうとする環境破壊へのメッセージを込めたアニメーション作品だ。

土屋は映画のテーマである「海」をイメージした青いロングドレスで登場。初監督作『フィッシュ・ボーン』でアニメを題材に選んだ理由を尋ねられると、「子どもも大人も見られて心に残る作品にするにはやっぱりアニメがいいのかなと思って」とコメント。


この日は、昨年『R246 STORY』で話題賞を受賞した須藤元気がプレゼンターとしてイベントに参加。MCの「おめでとうございます」の言葉と共に、プレゼンターの須藤からトロフィーが土屋に手渡されると、会場には割れんばかりの拍手がわき起こった。

昨年は自身が「話題賞」の受賞者側だった須藤元気。映画監督の仕事は「機会があればまたやりたい」と結構乗り気

『フィッシュ・ボーン』の予告編を見た須藤は、それに触発されたのか「アニメもいいなあ」とぽつり。「もう一回(映画監督を)やりたいですね。ぜひ撮らせてください、お願いします!」と須藤からのいきなりの申し出に土屋は、「あたし、大変ですよ~。性格悪いから」。須藤はそこで「支えます。格闘家は基本的にMなんです」と粘るも、「あ、私もMなんですよ」と土屋に軽くいなされていた。

授賞式の後には、同映画祭の生みの親・別所哲也が挨拶に登壇。また、観光庁長官の本保芳明氏も駆けつけ、ショートムービーが日本をより知ってもらうための有効なツールになり得ることをお互いに語り合った。そして今年8月1日から観光庁と共に「旅ショートプロジェクト」をスタートすることを発表。クリエイターたちのふるった応募に期待しているとし、「成人式となる20周年まで、たくさんのお客様にショートフィルムを広げていっていけたらなあと思います」との言葉で挨拶を締めくくった。

別所哲也が手弁当ではじめたショートフィルムの映画祭も今年で11回目。アカデミー賞も公認のイベントにまで成長した

関連したタグ

写真で見るニュース

関連記事

関連サイト

特別企画

一覧

    人気記事

    一覧

    イチオシ記事

    新着記事

    東芝、超低消費電力マイコン向けに新たな動作原理のトランジスタを開発
    [18:17 9/16] テクノロジー
    キヤノン、DOレンズの搭載で小型・軽量な「EF400mm F4 DO IS II USM」
    [18:15 9/16] 家電
    【レポート】Apple Watchの分かりづらい革新性、iPhone 6の完成度はさすが - 私はこう見るApple発表会(山下洋一編)
    [18:10 9/16] 携帯
    世界の旅行者が"訪れるべき!"とオススメする日本の美術館ランキングを発表
    [18:01 9/16] クリエイティブ
    M・ウィーがツアー復帰! 全米女子オープン初制覇によりその人気が再燃した!?
    [18:00 9/16] ライフ

    本音ランキング

    特別企画

    一覧