約40%スピードアップした「Opera 10」β版が公開

 

Opera 10 βでブラウジング高速化技術「Opera Turbo」を有効化したところ。JPEGの圧縮率を高めるなどしてデータ量を減らしていることがわかる

Opera Softwareは3日 (ノルウェー時間)、主力Webブラウザの次期リリース「Opera 10」のβ版を公開した。対応プラットフォームはWindowsとMac OS X、Linux、およびFreeBSD。Opera 10 βのWebページから無償ダウンロード可能。

開発コード名「Peregrine」のOpera 10では、ブラウジング高速化技術「Opera Turbo」を採用。Operaが設置したプロキシサーバで画像などのコンテンツを圧縮、表示速度向上につなげるというこの技術は、携帯電話など従量課金の端末で通信コスト低減にも貢献する。

レンダリングエンジン「Presto」は、バージョン2.2に更新。前バージョンのOpera 9.6と比較して約40%の高速化を実現、GmailやFacebookのように集約化されたWebサイトに強みを発揮するという。Acid3テストを100点満点でクリア、Web Fontsに対応するなど、Web標準のサポートも強化されている。

ユーザインターフェイスも一新。タブバーの高さが変更可能となり、タブ上にWebページのサムネイルを表示できるようになった。利用頻度の高いWebサイトにワンクリックでアクセス可能な「Speed Dial」は、4から25のWebサイトを登録できるようになり、背景のカスタマイズも可能になった。検索フィールドもリサイズできるなど、多くの改良が加えられている。

最大25のWebサイトを登録できる「Speed Dial」

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事