ハイビジョン対応、YouTube連携機能搭載の「LiFE* with PhotoCinema 3」

 

「LiFE* with PhotoCinema 3」

デジタルステージは、写真を映画のような映像にするソフトウェア「LiFE* with PhotoCinema 3」を7月24日に発売する。価格は「LiFE* with PhotoCinema 3」が12,800円、ウェディング専用のデザインエフェクトが入った「LiFE* with PhotoCinema 3 Premium ~ウェディングBOX」が19,800円となる。対応OSは、Windows XP(SP2/SP3) / Vista(SP1)、Windows 7には無償アップデータ予定。Mac OS X 10.4.11またはMac OS X 10.5.7、Mac OS X 10.6には無償アップデータ予定。

デジカメ写真に音楽とスタイル(写真に動きを加えるエフェクト)を選ぶだけの3ステップで、写真を映画のようなムービー(フォトシネマ)にするソフトウェア。操作を「つくる」「みる」「あげる」の3つに集約しており、誰もが簡単に写真を映像にして楽しむことができる。

新バージョンでは、「おまかせシナリオ機能」を搭載。目的別にシナリオを選ぶだけで、起承転結の効いた「ストーリー仕立てのムービー」を自動的に構成。ユーザはウィザード形式の質問に答えながら写真を選び、メッセージを打ち込んでいくだけでよい。また、新たにハイビジョン書き出しと動画の読み込みに対応した。

さらに、フォトシネマを書き出す「あげる機能」でYouTubeにダイレクトにアップロードでき、手軽にネット上に公開することができるようになった。プライベート公開モードを使えば、あらかじめ許可した人にしか見られない限定ムービーにすることも可能だ。

図1 おまかせシナリオ機能(画面は開発中のもの / 同社Webサイトより)

人気記事

一覧

新着記事