iPhoneから米国の犯罪事情を垣間見る「FBI Most Wanted」

 

iPhoneから米国の犯罪事情を垣間見る「FBI Most Wanted」。FBIに通報することもできる

米Grataware社が、行方不明の子どもやFBI最重要指名手配犯を閲覧するiPhoneアプリ「FBI Most Wanted」の最新版を公開した。対応デバイスはiPhoneとiPod touch、動作環境はiPhone OS 2.0以降。価格は115円。

FBI Most Wantedは、米連邦捜査局 (FBI) が発表している情報を閲覧するiPhoneアプリ。閲覧できる情報は、逃亡者トップテン、最重要テロリスト、殺人者など指名手配犯が中心。ほかにも、行方不明の子どもに関する情報や、FBIのポッドキャストなど、FBIが公表しているさまざまな情報を入手できる。

人気記事

一覧

新着記事

重さ23g、わずかな頭の動きでポインタが操作できる装着型マウス
[21:12 9/26] パソコン
「夜桜四重奏」着せ替えカバーがシリウスに、次号成田良悟原作の新連載が開幕
[20:46 9/26] ホビー
トヨタの次世代交通システム分析にオラクルのクラウド可視化サービス
[20:37 9/26] 企業IT
小林麻耶、"ゴールが見えない闘い"に苦悩も「今を大切に一歩一歩前に」
[20:35 9/26] エンタメ
バルミューダ、注ぎ心地にこだわった「小さくて美しい」電気ケトル
[20:18 9/26] スマホとデジタル家電