Google Chrome、ビッグアプリでもスケールする秘密

Google Chrome Blog - The latest news from the Google Chrome team

Google Chromeが大規模JavaScriptアプリケーションに対してもスケールして動作するという説明が、Chromium BlogにてScaling JavaScript to Large Web Applicationsとして掲載された。Google Chrome特有のマルチプロセスアーキテクチャと、V8 JavaScriptエンジンに実装された世代別ガベージコレクションアルゴリズムがその要になっているようだ。

JavaScriptベースのアプリケーションがより大規模で複雑になれば、オブジェクトヒープで管理すべきオブジェクトの数がそれだけ増えることになる。オブジェクトのメモリ確保と再配置が効率的でなければ、オブジェクトの数が増えるにつれてアプリケーションの動作が遅くなることになる。

Chromeはマルチプロセスアーキテクチャを採用しているため、20タブ未満の状態ではそれぞれのJavaScriptアプリケーションは独立したオブジェクトヒープを持つことになる。しかしそうでないブラウザではブラウザでひとつのJavaScriptオブジェクトヒープを持つことになるため、ひとつのJavaScriptアプリの負荷がそのままほかのJavaScriptアプリに影響を及ぼすことになるという。またV8 JavaScriptエンジンで採用している世代別ガベージコレクションアルゴリズムが効率的にガベージコレクションを実施して効率がいいと説明がある。Scaling JavaScript to Large Web Applicationsにはスケールを示すベンチマーク結果のグラフも掲載されている。

関連キーワード

関連記事

Google Chrome、新タブページのサムネールに表示させない設定登場
[2009/4/21]
Google Chrome、エクステンション機能登場
[2009/3/24]
Google Chrome、さらにJavaScript高速化
[2009/3/18]
Google Chrome堅固性の秘密
[2009/2/26]
Google Chrome、正規表現を独自実装で高速化
[2009/2/6]
Google Chrome、インストーラとアップデータの秘密
[2009/1/26]
Google Chrome、タブブラウジングの秘密
[2009/1/8]
Google社員以外のChromeコミッタ第1号登場、Win以外への移植推進
[2008/12/19]
Chromeセキュリティモデル、IE/Firefox/Safari/Operaのいいとこ取り
[2008/12/8]
Google Chromeエクステンション導入、Linux移植も
[2008/12/5]
Chromeのフィッシング詐欺/マルウェア検出技術の仕組み
[2008/11/19]
Google Chrome サンドボックスで実現するセキュリティ、Windowsの機能に依存
[2008/10/9]
Google Chromeが検索プロバイダに送信するデータ、Chromiumがある真の理由
[2008/10/6]
Google Chromeマルチプロセスの功罪、メモリ使用編
[2008/9/30]
Google Chrome、マルチプロセスで動作する理由
[2008/9/23]
Google ChromeにおけるJavaScriptプログラミングの留意点
[2008/9/9]
Google Chromeと次期Firefox競合相手、ブラウザではなくFlash?
[2008/9/11]
FirefoxがGoogle Chromeを気にしなくていい10の理由
[2008/9/8]
Google、「Google Chrome」(ベータ版)メディア向け説明会開催
[2008/9/5]
Chromeにクレーム? 最速とのGoogleの主張にMozillaが反論
[2008/9/4]
Google、Webブラウザ「Chrome」を9月2日リリース
[2008/9/2]


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事