離れた位置からMac / PCを遠隔操作するiPhone/iPod touchアプリ「WiFi Touchpad」

 

iPhoneがMac / PCの"リモコン"になる「WiFi Touchpad」

mbpowertoolsから、iPhoneをMac / PCのリモコンとして利用するアプリ「WiFi Touchpad for Windows and Mac OS X」の最新版が公開された。対応デバイスはiPhoneとiPod touch、動作環境はiPhone OS 2.2以降。価格は350円。

WiFi Touchpadは、iPhone/iPod touchをMac / PCのコントロールデバイスとして利用するためのソフト。ホストとして利用できるOSは、Windows XP / Vista、およびMac OS X 10.5 (Intel)。ホストには、同社Webサイトで無償配布されるレシーバーソフトのインストールが必要。

WiFi Touchpadを起動しホストとの通信が開始されると、以降iPhoneがワイヤレスキーボード / タッチパッドとして動作する。キーボードモードでは、英数字キーのほか「Control」や「Alt」、「Windows」などの特殊キーも利用可能。タッチパッドは、iPhoneならではのマルチタッチUIを利用して、マウスの操作を行うことができる。今回のバージョンでは、スタンバイモードから回復後に接続が失われる問題を修正している。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

対話で献立を相談、ご飯とおかずを同時に作る - シャープのIoTオーブン「ヘルシオ」を使ってみた
[11:30 7/26] スマホとデジタル家電
【特別企画】脱・PCメール! 「ビジネス版LINE」でキャリア認定ショップにおけるコミュニケーションの課題を解決
[11:30 7/26] 企業IT
【連載特別企画】5分でわかる! フラッシュストレージの基礎講座 第2回 キャッシュとストレージの違いは?
[11:30 7/26] 企業IT
自社運用が必須条件の西鉄グループはどのサンドボックスを選んだのか?
[11:30 7/26] 企業IT
夏休み中の男の子に着せたい! ユニクロのオススメ・キッズ夏服4選
[11:30 7/26] ライフスタイル