Google「Chrome 2」リリース - V8のアップデートで30%高速化

 

2.0にバージョンアップ

米Googleは5月21日 (現地時間)、Windows用Webブラウザ「Chrome」のバージョン2.0の提供を開始した。Chromeのページからダウンロード入手できるほか、Chromeユーザーは自動アップデート機能を使った更新が可能。

最新版はリリース以来クラッシュの原因にもなっていた300以上のバグを修正し、「これまでで最も安定して動作する」という。またWebKitとJavaScriptエンジンV8のアップデートにより、JavaScriptを多用したWebページが前バージョンよりも30%ほど高速に動作するとしている。同社はV8 Benchmark Suite-v4を用いてJavaScriptの実行性能を計測できるサイトを用意し、ユーザー自身による確認を勧めている。

Chrome 2.0.172.28のV8 Benchmark Suite結果

Chrome 1.0.154.65

Mac版Safari 4 Beta(5528.17)

バージョン2.0に追加された新機能は、Webフォームの自動入力、フルスクリーン・モード(F11またはツールメニューのオプションを選択)、新規タブページでのサムネイル削除など。これらはChromeディスカッションのSuggestionsで、ユーザーからの要望の上位を占めていた。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事