スタンフォード大の無料iPhoneアプリ講義、iTunes U最速で100万DL

 

米スタンフォード大学がiTunes Uを通じて無料公開しているiPhoneアプリケーションのプログラミング講義が100万ダウンロードを達成した。

同大学のコンピュータ科学部は、4月1日に10週間コースの「iPhone Application Programming (CS 193P)」の無料公開を開始した。講義の様子を収めたビデオとスライドのPDFをiTunes Uから入手できる。AppleのiTunes UディレクターJason Ediger氏によると、CS 193Pの7週間での100万ダウンロード到達はiTunes Uで最速の大台突破だ。iPhoneアプリの話題性に加えて、同コースではAppleのエンジニアも講師を務めているのが人気の理由になっているようだ。

iPhone Application Programmingの講師を務めるAppleソフトウエアエンジニアのAlexandre Aybes氏

人気記事

一覧

新着記事

仮想デスクトップの設計構築の落とし穴 第11回 [設計フェーズの落とし穴] 仮想化すればインターネット分離は簡単?
[09:00 8/29] 企業IT
TVアニメ『斉木楠雄のΨ難』、新EDテーマ「こころ」を花江夏樹が担当
[08:09 8/29] ホビー
[石川恋]グラビアでセクシーなバニーガールに ビキニ姿も披露
[08:00 8/29] エンタメ
2016年上半期の音楽配信売上、前年比112%の256.6億円
[08:00 8/29] マネー
通勤定期の虚偽申請でクビってありえる? - 弁護士に聞いた
[08:00 8/29] マネー