SqueakのソースをiPhoneで読む電子書籍「Squeak Docs」

Squeakのリファレンスに使う……としてもあまりにニッチなiPhoneアプリ「Squeak Docs」

Smalltalk Consultingは13日 (米国時間)、iPhone向け電子書籍「Squeak Docs」を発売した。対応デバイスはiPhoneおよびiPod touch、動作環境はiPhone OS 2.0以降。App Storeでの価格は800円に設定されている。

Squeak Docsは、Squeakのソースコードを閲覧するための電子書籍。2009年4月作成のSqueakイメージに収録されたクラス定義とカテゴリ、コメントおよびすべてのメソッドに関するソースコードを閲覧できる。

コンテンツは階層構造を持ち、左端からシステムカテゴリ、クラス名、クラスカテゴリ、メソッドの順にメニューバーが用意され、必要な情報を絞り込むことができる。一般的な電子書籍とは異なりWebサーバ機能を内包しているため、同じ無線LANに接続されたPCなどのデバイスでWebブラウザを使い閲覧することも可能。

人気記事

一覧

新着記事