ストリームエディタ「GNU sed」最新版が公開 - GPLv3にライセンス変更

 

GNUプロジェクトは4月30日、ストリームエディタの最新版「GNU sed 4.2」をリリースした。UNIX系OS汎用のソースコードは、同プロジェクトのFTPサーバおよび各地のミラーサイト経由で配布される。

ライセンスがGPLv3に変更された「GNU sed 4.2」

前バージョンv4.1.5以来3年2カ月ぶりとなる今回のリリースでは、ライセンスをGNU GPLv3に変更。シンボリックリンクを追跡するオプション「--follow-symlinks」が追加されたほか、無効なマルチバイト文字が含まれる場合でも影響を受けないための内部コマンド「z」が新たに用意された。UTF-8ロケール使用時の高速化や、マルチバイト処理時の不具合修正なども行われている。

人気記事

一覧

新着記事

[久松郁実]「マガジン」で初表紙 セクシーなビキニ姿に“絶対ほれる!”
[00:00 9/28] エンタメ
TVアニメ『双星の陰陽師』第25話のあらすじ&先行場面カット公開
[00:00 9/28] ホビー
「三者三葉」アニメ公式ガイド、キャストのグラビアインタビューや設定資料も
[23:31 9/27] ホビー
「この美術部には問題がある!」7巻は女装回や水着回を収録、書店特典も
[23:28 9/27] ホビー
LINEトークに浪漫の嵐!「サクラ大戦」20周年記念スタンプ
[23:23 9/27] ホビー