ストリームエディタ「GNU sed」最新版が公開 - GPLv3にライセンス変更

 

GNUプロジェクトは4月30日、ストリームエディタの最新版「GNU sed 4.2」をリリースした。UNIX系OS汎用のソースコードは、同プロジェクトのFTPサーバおよび各地のミラーサイト経由で配布される。

ライセンスがGPLv3に変更された「GNU sed 4.2」

前バージョンv4.1.5以来3年2カ月ぶりとなる今回のリリースでは、ライセンスをGNU GPLv3に変更。シンボリックリンクを追跡するオプション「--follow-symlinks」が追加されたほか、無効なマルチバイト文字が含まれる場合でも影響を受けないための内部コマンド「z」が新たに用意された。UTF-8ロケール使用時の高速化や、マルチバイト処理時の不具合修正なども行われている。

人気記事

一覧

新着記事

マツダ、タイのパワートレイン工場に221億円投資 - 生産能力を増強
[18:01 8/30] テクノロジー
洋楽人気対決 - ブラックモアズ・レインボー 40歳以上限定
[18:00 8/30] エンタメ
佐々木希、連続殺人鬼として再登場 - 波瑠と横山裕は警戒してホテル生活へ
[18:00 8/30] エンタメ
理研と産総研、包括的連携に関する基本協定を締結 - 2050年の課題解決に挑む
[17:57 8/30] テクノロジー
デノンの新作イヤホン3機種を聴いてきた - 新たな最上位ヘッドホンやBluetoothイヤホンの参考展示も
[17:47 8/30] スマホとデジタル家電