IPA、IPAフォントの新版を配布開始

 

IPAは20日、改変と再配布が可能となる新たなライセンス形態にした無償の日本語フォント「IPA フォントVer.3」を公開した。IPAのWebサイトからダウンロードできる。

IPAフォントは、画面表示と印刷の両方に利用できる日本語アウトラインフォントとなり、明朝体・ゴシック体の等幅、プロポーショナルの2種類、計4書体が提供される。各書体は、JIS X 0213:2004に準拠した約11,000文字を収録、OSや使用機器に限定されることなく再現できる。

同時に新たなライセンスとなる「IPA フォントライセンス Ver.1.0」を作成、従来のIPAフォントでは、改変できないライセンスとなっていたが、今回のライセンスでは、フォントの改変、改変したフォントの再配布も可能となる。改変したフォントの再配布には、以下のような条件が設定される。

  • 利用者が、その意志により、派生フォントをオリジナルのフォントに戻せる方法を提供しなければならない。
  • 派生フォントは、Web等のだれもがアクセスできる方法により一般公開しなくてはならない。
  • 派生フォントには、それをさらに改変するために必要となる十分な情報を添付しなければならない。
  • 派生フォントにも、同じIPAフォントライセンスを継承しなければならない。

なお、OSSオープン・ラボでは、フォント開発のためのツールを提供、利用者はOSSオープン・ラボでの利用登録が必要となる。

「IPA フォントVer.3」ダウンロードサイト

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事