Google App Engine Java版、2万5,000まで登録可 - PHPも動作

Google App Engine

Googleは15日(米国時間)、Google App EngineにおけるJava "early look"利用の申し込み上限を2万5,000サインアップまで引き上げたと発表した。Googleは1週間前となる7日(米国時間)、Google App Engineのサポート言語にJavaを追加したことを発表。反応の大きさを加味してサインアップ数上限の引き上げに踏み切ったようだ。同社は1年前にも同じような取り組みを実施している。

Google App Engine Java "early look"を利用するにはサインアップによる申し込みが必要。1年前の2008年4月7日(米国時間)にGoogle App Engineが開始された段階でのサインアップ上限は1万人。サポート言語はPythonのみ。途中で7万5,000まで引き上げをおこない、登場から2カ月後には一般公開された。Java版も同様の流れをたどるとみられる。

Google App Engine for Javaが発表されてから、Java関連のアプリケーションやフレームワークを開発しているプロジェクトや開発者の反応は機敏だった。この1週間で数多くのプロダクトがGoogle App Engineに投入され、どこまで動くのか検証がおこなわれた。

Google App EngineのJava対応は開発者にもっとも望まれていたもののひとつ。すべてのAPIが制限なしで動作するわけではないが、プロダクトレベルのシステムをGoogle App Engineでも構築しやすくなるのは間違いのないところだ。Javaを経由することでJava以外の言語も動作をはじめており、どこまで対応言語が増えるのか興味深い。

関連キーワード


転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

求人情報