ゲリラ豪雨をメールでお知らせ、「10分降りダスメール」提供開始

 

利用イメージ

ドワンゴとライフビジネスウェザーは、両社が共同で運営する携帯サイト「天気・地震・台風速報」にて、ゲリラ豪雨対策機能の第一弾「10分降りダスメール」サービスを開始した。

同サイトでは2008年9月、都市部のゲリラ豪雨・集中豪雨などの情報に対応した降雨予想サービス「10分降りダス」の提供を開始。今回発表した「10分降りダスメール」は、これにアラートメール機能を追加したものだ。

ユーザーはあらかじめ「弱い雨」「本降りの雨以上」「激しい雨のみ」の3つのランクからアラートの欲しいランクを選択。選択したランクの雨が登録地点で予測されたらメールが発信される仕組みだ。行楽地での雨・雷対策として、行き先を登録しておけば雨が予測された時点でメールが届く。さらに10分降りダスの情報により雨の強まる時間や止むタイミングを知ることができる。

同サービスは、iモード/EZweb/Yahoo!ケータイに対応。サイト内の「今日・明日の天気」など基本的なサービスは無料だが、10分降りダス等のサービス利用には会員登録が必要(月額105円)。会員になれば10分降りダスメールなど全てのサービスが利用可能だ。なお、4月9日まで限定で10分降りダスが無料開放されている。

「天気・地震・台風速報」
http://www.lbw.jp/m/

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

モノのデザイン 第7回 ブランドの象徴「金のリング」を"再定義" - タムロン 一眼レフ用交換レンズ「SPシリーズ」(後編)
[09:40 7/26] 企業IT
【連載】プライベートクラウド検討者のための Azure Stack入門 [7] Azure Stackのアーキテクチャを見てみよう(その2)
[09:30 7/26] 企業IT
【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [32] パッケージ管理システムの使い方(Mac編:その1)
[09:30 7/26] 企業IT
【特別企画】中堅・中小企業も狙われる時代、押さえるべきセキュリティ対策4ポイント
[09:30 7/26] 企業IT
日本とアメリカの企業インターンシップにおける違い
[09:30 7/26] 経営・ビジネス